初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

クレジットカードの審査と年収の関係性

クレジットカードの審査と年収の関係性

クレジットカードの審査には年収の記載は必須です。

審査は年収が全てではありません。

あなたの年収とクレヒス(今までのカードなどの支払い実績)などを総合して審査が行われます。

年収はなんのために記載するのか

クレジットカードには、それぞれカードごとに利用枠(カードが使える限度額で月に1回口座から利用分が引き落とされたら回復する)が設定されています。利用枠は公表しているカードとしていないカードがありますが、ここでは利用枠を公表している三井住友カードで考えてみます。

  • 三井住友デビュープラスカードの利用枠・・・10-80万円
  • 三井住友クラシックカードの利用枠・・・10-80万円
  • 三井住友ゴールドカードの利用枠・・・50-200万円
  • 三井住友プラチナカードの利用枠・・・原則300万円-

「年収となんの関係があるの?」と思われるかもしれませんが、ここで知っておいて頂きたいのは改正割賦販売法という法律です。

この改正割賦販売法では、

  • クレジットカードは利用枠が30万円までなら年収は考慮せずに簡易的な審査でカードを発行してOK
  • 利用枠が30万円以上のカードを発行する際には、年収から1年間に支払えるであろう支払可能見込額を計算して、見込額以上の利用枠を与えてはいけない。

と定められています。ローンなどをかかえていて支払能力が高くない方、または学生などに30万円以上の利用枠を与えてしまったら返済できない可能性があるのでそんな事態を防ぐための法律です。

年収がない本業が学問である大学生や初めてのクレジットカードを作る未成年の方、年収がない専業主婦などでもカードを発行できるのは、利用枠が30万円以下で年収はほぼ考慮されていないからです。別途学生のクレジットカードの作り方を解説した記事未成年のクレジットカードの作り方を解説した記事専業主婦のクレジットカードの作り方を解説した記事を別途参考にしてください。

↑の三井住友カードが発行するクレジットカードだと、三井住友クラシックカード、三井住友デビュープラスカードは年収を加味せずに発行できますが(ただし利用枠は30万円以下、それ以上なら要計算)、三井住友ゴールドカードは利用枠が最低でも50万円からなので、年収から1年間に支払えるであろう金額を計算して(下記詳細)50万円以下だったらカードは発行不可ということになります。これはカード会社の審査というよりも法律で発行不可ということになります。

ようするに、カードの申込時に年収を記載させるのは法律で決められているから。その用途は、以下の2つということになります。

  • カードの審査に通るかどうかの判断材料。
  • カードの利用限度額の判断材料。

あなたの年収から1年間に支払えるであろう金額を算出する

国が定めている支払見込額の計算式は以下の通り。

支払可能見込額 = 年収 – 生活維持費(※)- クレジット債務

生活維持費は以下のように定められています。

住居携帯4人世帯以上3人世帯2人世帯1人世帯
持ち家&住宅ローン無し/持ち家&賃貸負担無し200万円169万円136万円90万円
持ち家&住宅ローン有り/持ち家無し&賃貸負担有り240万円209万円177万円116万円

クレジット債務は年間に支払うローンなどの総額です(信用情報機関にはあなたのこうした情報が全て残っているので筒抜けです)。

年収からこれらを引いて、あなたが年間で自由に使えるであろう金額を算出します。この支払見込額に国が定めた定数0.9をかけたのが包括支払可能見込額です。

クレジットカードの利用限度額が30万円以上の場合は、この包括支払見込額を超えてはいけないということです。

クレジットカードの利用限度額 <= 包括支払可能見込額(年間に支払えるであろう金額)

例えば、年収が250万円で3人暮らし、賃貸マンションに住んでいる方は、(250万-209万)×0.9で包括支払見込額は36万9,000円。三井住友クラシックカードは作れますが、利用枠が50万円からの三井住友ゴールドカードは作れないということがわかります。

年収のスコア×クレヒスのスコア(カードが作れるかの目安)

↑で解説したカード審査における年収の役割というのは、クレジットカード会社の審査というよりは、あくまで法律的な審査です。言ってしまえば、年収がクリアしていない場合は審査以前の問題、門前払いということになります。

この法律的な問題をクリアしたら、次はクレジットカード会社の審査が行われますが、これはブラックボックスです。カード会社の審査では年収だけではなく、あなたのこれまでの他のクレジットカードの利用履歴なども見られます。逆に言えば、年収だけで判断されることはありません。

なので、あくまで参考程度ですが、クレジットカードの審査と年収の関係性を筆者自身の経験、サイトに頂いたご意見やアンケートなどを元に計算式を作成してみました。

あなたの年収のスコア(0−2点)×あなたのクレヒスのスコア(−1から10点)=総合スコア(20点満点)

審査をわかりやすくするための当サイト独自の計算式ですが、審査に通過するか迷っている方には結構参考になると思います。

あくまで当サイト独自の計算式での基準でその審査通過を補償するものではありません。

よくカード難易度が偏差値で表されていますが、あれだとどのくらいで審査に通過するのか具体的なイメージがわかないので、もっと初めてクレジットカードを作るような方でも判断しやすいように工夫しました。社会人やフリーターといった職についている方を想定しています。

(1)年収のスコア

年収のスコアは0から2。具体的には以下のような感じ。繰り返しますが、実際の審査は世帯別やローンの状況でも変わるので、あくまで指標です。

  • 1000万円以上・・・2
  • 600万円以上・・・1.5
  • 400万円以上・・・1
  • 200万円以上・・・0.5
  • 0万円・・・0

扶養家族のアルバイトで年収が大体100万円だとすると、0.5の半分の0.25くらいと計算します。

(2)あなたの信用情報(クレヒス)のスコア

あなたの信用情報(クレヒス)のスコアは−1から10

クレヒスは社会人1年目ならケータイ料金の支払い遅れや短期間で多数の申し込みをする多重申込みなどがない限り、誰でも最初は5程度あると思って良いでしょう。クレジットカードを普通に使い続ければ1年に1上がる計算です。ただし、支払いが遅れが続いたり(遅れても早めに支払えば-2程度)、全く支払いがされないと、最悪マイナス(ブラックリスト)になります。

満点は20点、6割の12点取れれば国内で自ら申し込むカードはほぼ作れる

年収が1000万円以上で、これまでクレジットカードを定期的に使い続けてきて支払い遅れをしたことがない方は、2×10=20点満点となります。多くの大学がそうであるように、その6割が合格点で、12点ほどあれば殆どのクレジットカードは作れると思って良いでしょう。

ぜひ一度この基準であなたの総合スコアを出してみてください。

クレジットカード別、審査通過に必要なスコア

ではクレジットカードの審査にとおるためには一体どのくらいの得点が必要になるのでしょうか(あくまで当サイト独自の私見です)。

  • 楽天カードやエポスカードなどの商業系一般カード・・・1.25点
  • 三井住友VISAカード、MUFGカードなどの銀行系クレジットカード・・・2点
  • JCB一般カードなどの審査基準が厳し目のカード・・・2.5点
  • ヤングゴールドカードや一部の年会費が安いゴールドカード・・・3点
  • 一般的なゴールドカード・・・4点
  • プラチナカード・・・8点
  • ブラックカード・・・12-20点

一般的なゴールドカードとプラチナカードやブラックカードの間が開きすぎていると感じるかもしれませんが、ゴールドカードの審査基準がどんどん下がってきているので、プラチナカードとの間には実際このくらいの壁があります。

ブラックカードに関しては年会費5万円(JCB THE CLASSなど)のものもあれば、35万円のもの(American Expressセンチュリオンカード)もあるので一概には言えません。20点以上(年収1000万以上)が必要なカードも存在します。

年収が0じゃなければ作れるカードは0ではない

重要なのは、年収は0じゃなければクレジットカードは作れる、ということです。

年収を考慮せずに簡易的な審査で発行できるカードは利用限度額は30万円以下ですが、発行は可能です。

利用額が足りない方は複数枚持ちを検討してみるのも良いでしょう。学生で10枚以上保有している方もいます。

年収は実はそこまで審査で重視されない (クレヒスのほうがよっぽど重要)

年収のイメージ

↑の計算式だと、年収は最高2点、クレヒスは最高10点となっています。

つまり年収よりもクレヒスのほうが最高で5倍程度重要だと判断しています。こう考えているのには大きく分けて2つの理由があります。

  1. 年収はあくまで自己申告制であるという点。
  2. 年収が高くなくてもきちんと支払ってくれるならカード会社にとっては良いお客さんであり断る理由がない。

まず、年収というのはあくまで自己申告です。カード会社は正確に調査をすることが出来ません。企業名と役職を記入する(そして在籍確認がされる)ので、多くのデータから大体の年収は推測出来るのですが、確定はできません。

年収は改正割賦販売法で「法的に支払可能見込額を算出しないといけないので仕方なく尋ねている」という側面が大きいです。

しかしながら、クレジットカード会社が独自に行う審査では、そのような自己申告の曖昧な情報を重視して進めることはできないのです。よって、カードを申し込む際に、年収の情報で嘘をついても殆ど意味がありません(それに詐欺なのでやめましょう)。

特に個人事業主の方は、自己申告制で、かつ、その売上がサラリーマンよりも確認しづらいので、カード会社は殆ど参考にすることは出来ません(個人事業主が審査に通過しづらいと言われる理由で、源泉徴収などの証拠の提出を求められることがあります)。サラリーマンだと、その会社から大体の年収が推測できます。

クレヒス(利用履歴)の重要性

年収は自己申告制で曖昧なのに加えて、いかに年収が高くても、それ以上に借金があるかもしれない人にクレジットカードを発行するのはリスクがありすぎます。なので、クレジットカード会社は、年収情報では審査の合否を決定することは出来ず、別途クレヒスも参照します。

クレヒスとは、あなたのクレジットカードの利用履歴とローンやキャッシングなどの利用履歴をまとめたもので、あなたはこれまでクレジットカードを使っては、翌月には正しく支払ってきたという積み重ねの証明になります。

CICに登録されている支払状況が完了しているケース

CICなどの信用情報機関で自身のクレヒスを確認する方法はこちらにまとめてあります。

クレヒスは年収と違って<紛れもない事実>なので、クレジットカード会社が独自に行う審査ではこちらのほうが年収の何倍も重視されているという計算です。

クレヒスは5年でMAXになります。信用情報機関のCICでは未払いがあると最長で5年情報が保存されるからです。逆にいえば、5年支払い遅れなどがなければクレヒスが優れている、と判断できます。

カード会社に年収を<証明する>方法

ここまで年収はそこまで重視されないと書いてきましたが、それは一般カード(そして一部のゴールドカード)までの話です。

ゴールドカード以上のプラチナカードやブラックカードになると、まず利用枠が50万円以上であることがほとんどなので、法的に年収から支払可能見込額を計算して年収が足りていなければ門前払いであることは上記の通り。

また、クレジットカード独自の審査でも、クレヒスが良いだけでは審査に通らず、ある程度の年収がなければ作ることが出来ません。正確には、ある程度の年収が<証明できなければ>作ることが出来ません。

前述の通り、いくら本当に年収が高くても、お医者さんや年収がある程度公表されている有名な企業の役員でもない限りカード会社に年収を信じては貰えないので、プラチナ以上のカードは中々作れません。信用情報機関から提供される情報では他のカードの利用額までは参照出来ませんから、いきなり数百万の限度額になるプラチナカードを発行するのには情報が不正確すぎます。

不正確な情報でカードを発行すると、カードのブランドが低下してしまいますからカード会社も慎重になっています。

では、プラチナカードやブラックカードを発行したい人はどうすれば良いかというと、1ランク下の、多くの場合はゴールドカードを作って、使い続けることで年収を<証明>するしかありません。

カード会社は、あなたが他のカード会社で使った分の利用金額はわかりませんが、あなたが自社カードでどのくらい使っているのかの利用金額はわかります。なので、例えばあなたがクレジットカードで月に20万円を1年間使い続ければ、あなたは最低でも年収240万円以上あると証明出来ることになります。

作りたいプラチナカードやブラックカードの下のランクのカードを作って使い続けて、年収を証明すれば、年収のスコアが上がって(証明できて)プラチナランク以上のカードも作れる(クレジットカード会社から招待される)ようになります。

年収を気にするよりも目の前の支払いをしっかりとしよう

というわけで、クレジットカードの審査において、年収がどのような位置付けなのか、またどの程度の重要度なのかを解説してきました。

最も大切なことは、年収よりもとにかくクレヒスをきれいな状態で維持し続けることです。年収は簡単に上げることは出来ないかもしれませんが、クレヒスのスコアはきちんと支払いを続けるだけで簡単に上がり、社会人5年目には優秀なクレヒスを作り上げることが可能になります。

そんな状態なら、一般カードならほぼ間違いなく作れますし、加えて年収という変数が上がると、作れる上位カードが一気に増えます。

これらの知識を頭の片隅に入れておくと、例えば審査に通らなかった際にも「クレヒスはMAXなはずだけど届かなかったということは年収が上がるまで待つしかないな」「たぶん年収が信じられていないから、このカードを利用しまくって年収を証明して、来年再チャレンジしよう」といった具合に判断が付きます。

カード会社の審査はブラックボックスですが、年収が改正割賦販売法をクリアしているかなどの知識があれば事前に審査落ちを回避することもできます。うまく攻略していきましょう。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.