初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

審査が甘いクレジットカードについて

審査が甘いクレジットカードについて

クレジットカードを作ろうとお考えの方の中には過去に支払いの遅れがあったなど、やむを得ない理由で通常のクレジットカードが作りにくい方がいらっしゃるかと思います。

確かに、審査に通りやすい、審査が甘いクレジットカードは存在します。

注意しなければいけないのは、審査が甘くある程度ゆるいということはそれだけサービスの質は落ちることは避けられないということです。例えば、ポイント還元率が低かったり、ポイントが付くということ自体がなかったり、海外旅行の年会費が数千万円分付くようなカードの審査は甘くありません。

クレヒスに傷がある方は信用度は低く、クレジットカードは作った時点ではクレジットカード会社がサービスの特性上かなりのリスクを負っている部分があるので、ポイントや付帯保険といった高いリスクは負えないのです。

でも大丈夫。「ただ使えれば良い」ということであれば審査が甘く、多くの人が作ることが出来るクレジットカードは存在します。

法的には利用限度額が30万円以下でしたら年収などを詳しく加味しない簡易的な審査で発行しても良いことになっているので、まずは最低利用枠が30万円以下のカードでチャレンジしてみることをおすすめします(例えば利用枠10万−50万円など)。

審査が甘いカードを作ったほうが良い方のためのチェック項目

過去にクレヒス(支払履歴)に傷が付いておらず、「ただ審査されるのがなんとなく怖いから」という理由で審査が甘いクレジットカードを作ろうと考える方もいらっしゃいます。

ですが、クレヒスに問題がなく、アルバイトでも職に付いている方であれば、審査が甘いものではなく、通常のクレジットカードでも作れるものがたくさんあり、そちらのほうがサービス自体は良いので、以下のチェック項目に自分が該当するかどうかを事前に確かめてみてください。

  • いくつかの有名どころのクレジットカードに申し込んだがいずれも通らなかった。
  • 楽天カードの審査に落ちたことがある。
  • 複数のカードに同時に申し込み、その結果として審査に落ちたわけではない。
  • ケータイ料金の支払いを延滞して止められたことがある(引き落としがされず、払込用紙が送られてきてその時点で支払えた方はOK)。
  • 現在職についていない。

上記のうち、2つ以上当てはまるようでしたら、↓の審査が甘いクレジットカードを作ったほうが良い方だと判断できます。

審査が甘いクレジットカードの選定方法

もちろん、審査が甘めのクレジットカードは他にも存在します(一番安心なのはアコムACMasterCardかと)。一覧を羅列しても良いのですが、好みがあると思いますのでここでは見極め方をお教えします。

1、申し込み年齢が「18歳以上」であること

クレジットカードの最低申し込み年齢は18歳に設定されています。なので、その最低申し込み年齢で申し込めるカードは比較的審査が甘いクレジットカードだと判断出来ます。

多くのカードは20歳以上、ゴールドカードなどになると30歳以上のカードも存在します。

2、旅行保険が付帯していないこと

旅行保険というのは、旅行しているときに怪我をしたら年会費が安いものでも最高1千万円近くをカード会社が支払うことになります。過去に延滞などがある方に対して、1千万円以上のリスクを負うのはカード会社は怖がるので、たとえ年会費が無料でも旅行保険が付帯しているものはある程度審査がしっかりしているという認識でいましょう。

3、銀行系・プロパー系でないこと

銀行系クレジットカード(三井住友VISAカードなど)、プロパー系クレジットカード(JCB Original Seriesなど)はゴールドカードなどにランクアップしていって高いサービスを付与させるのと同時に使ってくれる人を囲い込む戦略をメインにしています。

そのため、延滞があったような方はしばらく作ることは難しいクレカです。

4、最短即日発行であること

最短即日発行ということは、審査の時間が短いということ=審査に通りやすい、と判断出来ます。

もっと言ってしまえば、審査がある程度機械的(そうじゃなくては即日発行は不可能)なので、条件に一致していれば作れるということです。

審査が甘いクレジットカードって使ったら恥ずかしい?

よくご質問として審査が甘いクレジットカードだと外で提示するのが恥ずかしいのではないかというものがあるのですが、人に寄る、としか言えません。偏見や見下すのが好きな方も一部いるにはいらっしゃいますので・・・。

ただ個人的には現状、クレジットカードを使うことが多い場面が殆どインターネットになっており、カードフェイスを人に見せることなんて殆どないので全く気になりません。外だと飲食店を中心にまだまだクレジットカードが使えないところも多いので現金払いが普通でしょうし。

それにアコムAC MasterCardにしてもシンプルなデザインですし、その他一般的には審査が甘いと言われているカードでも、出してもその見極めが出来る人なんて殆どいないと思います。恥ずかしいと思う人は、気にしすぎ、です。

とにかくクレジットカードを作ること。そしてクレジットカードの支払いを正しく行い続けること

とにかくクレジットカードを作ってさえしまえば、正しく活用していくうちに、クレヒスが貯まり、後々他のクレジットカードもぐんと作りやすくなります。

また、使用額が小さくても、作った以上はクレヒスの見栄えがよくするために使い「続ける」ことをオススメします。クレヒスを貯めるという言葉の意味がわからない方はこちらの記事を読んでみてください。

作って→使って→クレヒスを鍛える。筋繊維を切って→回復させて→身体を強固にする筋トレみたいな感じですが、実際にCICに信用情報を申請してご自身の信用情報をご覧になったらその意味がわかってきます。とにかく審査基準が緩いところを選んで、作ることを第一目標にすることも大切です。そうでないと不便だし、今後他のカードを作るための土俵にも乗れなくなってしまいますので。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.