初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

おすすめのポイント還元率が高いクレジットカード一覧(ランキング形式)

おすすめのポイント還元率が高いクレジットカード(ランキング形式)

クレジットカードで支払うとポイントが付きます。そのポイントがどのくらい貯まりやすくて、1ポイント当たりの価値はいくらなのかを計算し、わかりやすくレート化したものがポイント還元率です。1%の還元率の場合、購入金額の1%分の代金が返ってくるイメージを持つと良いでしょう。

例えば、100円で1ポイントが貯まるクレジットカードがあったとして、5,000ポイントを貯めたら5,000円分のギフトカード(百貨店、デパートなどで使える)と交換できるクレジットカードがあったとします。その場合、5,000ポイントが5,000円分と交換できるので、1ポイント当たりの価値は1円。100円で1ポイント(=1円分)が貯まるので、還元率は1÷100×100=1%となります。

まだクレジットカードに詳しくない方はピンと来ないかもしれませんが、1%の還元率があると還元率が高めのクレジットカードだと言えます。

5,000ポイントを貯めたら2,000円分のギフトカードと交換できるクレジットカードの場合は、1ポイント当たりの価値は0.4円。100円で1ポイント貯まるのは同じでも1ポイント当たりの価値は0.4円なので、還元率は0.4÷100×100=0.4%となります。

たまに「1,000円で10ポイントが貯まる」としか書いておらず、1ポイント当たりの価値を隠しているようなクレジットカードもあるので注意が必要です。

どこで使っても還元率が高いクレジトカードvs特定の場所で使ったら還元率が高いクレジットカード

さて、還元率と一言でいっても、クレジットカードには「どこで使っても常に還元率が高いカード」「特定の場所で使ったら還元率が高いカード」の2種類に分けられます。

前者は言葉の通り、どのお店で使っても還元率は高いまま(大体1%−1.5%)のクレジットカード、後者は、特定のサイトやお店で使うと還元率が2倍以上になって還元率が2−3%超えをするようなクレジットカードです。

おすすめの還元率が高いクレジットカードランキング

どちらを選ぶのかは好みにもよるのですが、以下で紹介するクレジットカードランキングではどこで使っても常に還元率が高いカードを重視したランキングになります。また、クレジットカードとしての信頼度が低く、還元率がすぐに改悪しそうなクレジットカードはランキングから省いています。

では、いよいよ見ていきましょう。

1位:P-one Wizカード

p-one-wiz-card

ポイント名還元率備考
オートキャッシュバック&ポケット・ポイントオートキャッシュバック1%+ポケットポイント0.5%どこで使っても還元率1.5%。

P-one Wizカードはひょっとしたらクレジットカードに詳しい方にはあまり知られていないかもしれませんが、高還元率カードの代表ともいえるクレジットカードです。

このP-one Wizは1.5%分のポイントが付くクレジットカードではなく、1%分は請求から自動的にキャッシュバック(割引)されて、0.5%分のポイント「も」貯まる、合計で常時1.5%の還元率が実現できる仕組みです。

ちなみにヤフーショッピングではポイント分1,000円で4ポイント分のポケットポイントが追加されるので還元率が3.5%、さらにヤフーショッピングで通常貯まるTポイントも加えれば4.5%の還元率が実現できます。

注意したいのはこのP-one Wizカードはデフォルトの状態では「リボ払い」の状態になっているので作ったら一括払いへの変更を忘れずに(リボ払いでは還元率も何もありません・・・)。

>>P-one Wizの詳細はこちら

2位:リクルートカード

リクルートカード

ポイント名還元率備考
リクルートポイント1.2%どこで使っても還元率1.2%。

リクルートが発行するクレジットカード。常に還元率が高くリクルートポイントが貯まるクレジットカード。

リクルートポイントは昔はリクルートポイントプラスというさらに高還元率(その代わり年会費有料)のクレジットカードがあったのですが、そちらが廃止されて現在ではこの年会費無料のリクルートカードのみとなっています。

どこで使っても還元率が1.2%。

ポンタポイントと統合する前までは、いくら還元率が高くてもリクルート系サービスを使っていない方はポイントの使い道に困るという声が多かったのですが、現在は貯まったポイントはPontaポイントに1ポイント=1円で相互交換が可能になったので、ローソンなどで幅広く使えます。

貯めたポイントをローソンのLoppiから商品お試し券と交換すれば(商品によりますが)還元率はさらにあがって3%近くにもなります。

セブンイレブンでもnanacoにチャージしてポイントが同率貯まるので、nanacoチャージ(1.2%)→nanaco払い(1%)で合計2.2%の還元率になります。

>>リクルートカードの詳細はこちら

3位:オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

ポイント名還元率備考
オリコポイント1.0%Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで還元率プラス0.5%。

オリコカードが発表した高還元率カード。

このクレジットカードの強みは、どこで使っても1%というのはもちろん、オンラインショッピングモールのオリコモールを経由して買い物をすることで、ネットショッピングの大手、Amazonや楽天、ヤフーショッピングのどこでも還元率がプラス0.5%になること。楽天だけ、Amazonだけ、ヤフーショッピングだけでポイントがアップするクレジットカードはよくあるのですが、全てポイント還元率が1.5%になるクレジットカードは殆どありません。

さらに、別途Amazon、楽天、ヤフーショッピングのポイントも貯まるので、例えば楽天で使った場合は1.5%(オリコポイント)+1%(楽天スーパーポイント)合計の還元率は2.5%になったりします。

4位:楽天カード

楽天カード

ポイント名還元率備考
楽天スーパーポイント1.0%楽天市場で還元率4%以上。

かの有名な楽天カード。ポイントがザクザク貯まるのはウソではありません。

通常の還元率は1%(どこで使っても1%)で、楽天市場で使うと還元率は4%以上です。

ただし、オリコカードザポイントと違って楽天市場のみでお得なのと、楽天カードは使い方が非常に難しく、期間限定ポイント(ポイント有効期限が短いポイント)も含まれた還元率なので貯まったら全て使いこなすのを忘れずに。

>>楽天カードの詳細はこちら

5位:dカード

dカード

ポイント名還元率備考
dポイント1.0%特約店では2%。ローソンやマクドナルドでは3%オフ+ポイント。

dカードはDocomoが発行するクレジットカード。ポイント還元率はそこまで高くないんじゃないの?と甘く見ている人も多そうですが、常にポイント還元率は1%。さらに、すごいのは、ローソンで支払えば3%オフになるということ。さらにクレジットカードで還元率1%。dポイントカード提示したら1%。つまりローソンで合計5%の還元率になります。

貯まったdポイントもそのままローソンやマクドナルドで使えます。

>>dカードの詳細はこちら

還元率が高いクレジットカードを選ぶメリットとデメリット

還元率が高いクレジットカードを選ぶメリットは明白。お得だから、です。当たり前ですね。

逆にデメリットは、還元率が高いクレジットカードなんだからいくら使ってもなんか得した気分が味わえてしまう=使いすぎてしまうこと、です。

いくらクレジットカードの還元率が高くてもお金を貰えるわけではありません。いくらかポイント分割引になるだけです。

使いすぎには重々ご注意ください。

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.