初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

未成年のクレジットカードの作り方

未成年のクレジットカードの作り方

未成年ってクレジットカードを作れるの?

未成年でもクレジットカードは作れます。ただし、年齢が18歳以上で、高校生は不可、という条件が付きます。

つまり、高校生以下の学生は作れないということです。これは全てのクレジットカードで同様です。

法的に明確に定められているわけではないのですが、クレジットカード会社同士が暗黙のルールを作って高校生以下(中学生はもちろん)は作れないという決まりを作っています。

未成年でクレジットカードが作れるかどうかのチェックシート

なぜ高校生以下には作らせないようにしているかというと、クレジットカードというのは簡単に言ってしまえば「カード会社が先払いをしてくれてお金を払う前に商品を受け取れるサービス」なので、学業が優先でバイトの賃金もそこまで高くない高校生は「後からきちんとお金を支払ってくれる」という信用が低い=トラブルが起きやすいためです。

逆にいえば、18歳以上でも、高校生以外であれば作れるクレジットカードも存在しています。中でも、大学生や専門学校生といった立場の方はちょっと作り方やオススメのカードが異なってきますので、18歳以上20歳以下の未成年で、かつ、大学生、専門学生、高専生(4年生以上)の方は「学生のクレジットカードの作り方」というページで作り方を参照してください。

ここから先は基本的にはクレジットカードを作る資格を持った18歳、19歳で学生以外の方(学生の方も参考にして頂けます)を対象に、おそらく初めて持つクレジットカードの作り方を解説していきます。高校生の方は読み飛ばして「高校生でもデビットカードやブランドプリペイドカードなら作れる」に飛んでください。

 

未成年(18歳、19歳)に対してクレジットカードの審査は厳しいの?

クレジットカード会社は未成年に対して審査をあまり厳しくできないというのが答えです。

というのも、クレジットカードの審査というのは、「この人は今までクレジットカードを使って、きちんと代金を支払ってきたか」というのが大きな審査基準の1つになります。

まだクレジットカードを作ったことがなくて、これから初めてのクレジットカードを作ろうとしている未成年の方は、いわば真っ白な状態なので審査すべきポイントが殆どない=審査を厳しくしようがない、というわけです。

未成年の方が見落としがちな審査の注意点

注意したいのは未成年の方で、スマホなどの料金を親の口座からではなく、自分名義の口座で支払っている方です。

スマホを分割払いなどにしていて、月々のケータイ料金の支払いが遅れてしまっていると、それは返済能力がないと見なされてクレジットカードの審査に響くことがあります(遅れても請求されたときに支払っていれば殆どの場合大丈夫ですが)。

未成年で働き始めた新社会人の方の審査

高校を卒業してすぐに働き始めた新社会人の方は、年収欄にウソ偽りなく書けば、↓で紹介する年齢制限タイプのクレジットカードなら殆ど作れます。逆に嘘偽りを記載するのはやめましょう。

クレジットカード会社は未成年のあなたに高くて安定した年収なんて求めていませんし、そこのところはしっかりと把握しているので、年収欄を気にしてウソを書いたら逆に怪しいです。

成人を超えて数年経つころには、カード会社もある程度年収を考慮するようになりますが、今は若さの特権でカード会社も温かく見守ってくれます(笑)。

きちんと支払いを続けていくことでカード会社もあなたを信用して利用限度額を上げるなどしてくれるので、未成年の今は嘘偽りなく記載することだけを心がけましょう。

未成年でフリーターの方の審査

未成年で、かつ、フリーターの方は、作るカードをしっかり選べば大丈夫、です。学生で、かつ、バイトをしているという方に対しての審査は優しいのですが、未成年で、学生ではなく、フリーターをしている方に対しては少しだけ厳しいです。

といっても、成人してフリーターの方よりも断然優しいのでご安心を。↓でご紹介する年齢制限カードの対象年齢のうちに作っておいたほうが良いでしょう。もしも年収欄などを嘘偽りなく書いて審査に落ちてしまった場合は、とりあえずはデビットカードを考慮しても良いかもしれません。

未成年で学生の方の審査

未成年で、かつ、大学生や専門学校生の学生の方は、ゴールドカード以上のクレジットカードでなければほとんど作れます。クレジットカードによっては学生専用カードという学生だけが作れるカードも用意されているくらいです。

クレジットカード発行会社は学生のことは学生枠という特別な枠で審査します。

未成年で浪人生の方の審査

未成年で、かつ、まだ大学生などではない浪人生の方は、収入が0なので、クレジットカードは作れません。

学生専用カードも予備校生などは対象外となっています。家族カードを発行してもあるか、高校生と同じくブランドプリペイドやデビットカードなどを活用しましょう。

バイトをしている場合は、フリーターとして審査に通ることも可能でしょう。

未成年で高専生の方の審査

高専生の方は、18歳以上、かつ、4年生、5年生であれば、学生カードや年齢制限カードならクレジットカードが作れます。

高専生でも4年生以上ならJCB CARD Wを作成可能

JCB CARD Wや三井住友VISAデビュープラスカードに問い合わせましたが、いずれも作れるという回答でした。高校生扱いにはならないのでご安心ください。

 

未成年でクレジットカードを作る際に親の同意は必須なの?

必須です。未成年の方は作るクレジットカードを選べば審査は優しい分、親権者の同意というハードルがあります。

クレジットカードを作る際に親の同意が必要という注意文

20歳以上になれば学生でも親の同意は必要なくクレジットカードを作れるようになるのですが、20歳未満でクレジットカードを作る際には必須となります。これは法律上、成人になれば責任の所在は自己責任になるのですが、未成年がお金を支払わなかった際などに責任の所在は親権者にいくと決められているためです。

2022年には成人年齢が18歳に引き下げられる法案が施行される予定なので、それ以降は18歳、19歳の方でも親の同意なくクレジットカードを作れるのですが、現在のところは必須です。

カード会社はどうやって親に同意を取るの?

クレジットカード会社によって確認の方法は異なってきますが、一般的には入力時に親の電話番号を入力してそこにカード会社から電話をかける形で同意を取ります。書類の形で親のサインを入力するタイプもあります。

稀に親への確認がなかったという声も耳にしますが、それは本来ありえないです(作れたのはおそらく親の署名欄に自分でサインしてしまった、とかそういう事情かと・・・やったら駄目です)。

親にクレジットカードを作ることを伝える際の注意点

なので、親へは事前に「クレジットカードを作るから連絡が行くかも」という旨を伝えておくのがよろしいかと思います。

厳しい家庭だと、「未成年なのにクレジットカードを作るなど何事か!」と言われるかもしれませんが(特に親御さんがインターネットショッピングなどに馴染みがない家庭に多い)、そこは説得です(笑)。

筆者個人の親を説得した体験談をお話させていただくなら

  • 今はインターネットで買い物をすることが多いからクレジットカードがないと不便であるということ。
  • インターネットショッピングは多くのものを比較して安く買えるので、お得だということ。
  • ポイントが付く分、お金を節約しようと考えているから私は偉い。
  • 「え?家族カード(※)でいいじゃん?いやいや、もうプライバシーがあって良い年齢でしょ!」
  • きちんと自分で支払っていくという約束。
  • ボクはもう大人なんだ!奈良時代だったらとっくに元服してる年齢です!

といった諸々の言葉を並べ立てて許可を得ました(笑)。ご参考までに。

※親の持っているクレジットカードの付帯カードとして発行されるもの。請求が親のクレジットカードと一緒になるため、使い道は筒抜けになるのでプライバシーが欲しい方にはオススメできない。

 

未成年の方にオススメのクレジットカード

18歳、19歳の未成年の方にオススメのクレジットカードは「年齢制限があるタイプのクレジットカード」です。このタイプのクレジットカードであればほぼほぼ作ることが出来ます。

年齢制限があるタイプのクレジットカードというのは、25歳以下だとか、29歳以下といった制限が付いたクレジットカードです。ビジネス的な実情を説明すれば、クレジットカード会社が将来性のある若者を囲い込むために、審査のハードルを未成年を含む若者向けに独自に設けて(従来の大人向けの審査基準では若者は審査に通らないので)、様々なメリットを提示しているクレジットカードです。

ちなみに年齢制限カードは大きなクレジットカード会社でないと中々発行できません。なぜなら、初めてクレジットカードを作るような未成年の方はトラブルが多く、それに対処するだけのノウハウとブランドを持っているのはごく一部のカード発行会社だけだからです。

逆に、あまり知らないようなクレジットカード会社の年齢制限タイプのクレジットカードは注意が必要。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも信頼のできるクレジットカードを作りましょう。

まずはここから「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカード三井住友VISAカードは誰でも知っている王道カード。大人になって作るとしっかりとした審査基準をクリアする必要がでてくるクレジットカードです。

三井住友VISAデビュープラスカードはCMなどで「学生専用のクレジットカード」という印象が強いかもしれませんが、未成年を含む、18歳以上25歳以下の方なら作れるれっきとした年齢制限タイプのクレジットカードです。

若者向けの特典として、年会費は初年度無料、次の年も年に1回使えば無料ですし、ポイント還元率は成人してから作る通常の三井住友VISAクラシックカードの2倍です。

このカードを使って信用度を高めて、成人してからもしも足りない機能があれば補足として別のカードをサブカードとして使うのが良いでしょう(ちなみに5年間使ったら通常の三井住友VISAカードに進化(?)します)。

>>三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら

即日発行というわけではありませんが(未成年のうちから即日発行のクレジットカードは作らないほうが良いかと思います)最短3日で発行されますし、何よりクレジットカードとしての信用度が高い、長く付き合っていけるものが一番ですよ。

JCBのブランドが自ら発行する若者向けクレカ「JCB CARD W」

JCB CARD Wこのクレジットカードも信頼度が厚い一枚。

VISAやMasterCardといったクレジットカードのマークの1つにJCB(日本初)というものがありますが、このJCBが発行しているクレジットカードです。

申し込み資格は18歳以上39歳以下と三井住友VISAカードよりも広くなっています。その分、審査基準は三井住友VISAデビュープラスカードよりも厳し目ですので、未成年でフリーターの方(特に働いてすぐの方)だと少し厳し目かも。

>>JCB CARD Wの詳細はこちら

しかしながら還元率は常時1%と高く、JCBが力を入れていてカード自体の信頼性、将来性は抜群ですのでチャレンジする価値はありです(以前はJCB CARD EXTAGEというカードがJCBが発行する若者向けカードのメインでしたが、現在は後から出たこのJCB CARD Wをプッシュしています)。

 

親のカードの子カード、家族カードは未成年も持てる

クレジットカードには家族カードというものが存在します。親のクレジットカードの子カードとして発行可能なカードです。

家族カードの解説(未成年の場合)

この家族カードはほとんど審査なしで発行可能で、18歳、19歳の未成年の方でも作れます。デザインも親カードとほぼ同じデザインのカードが発行されて、名義もご自身のものですし、VISAやMastercard、JCBなどの加盟店で通常のクレジットカードと同様に使えます。

ただし、利用した分は親の口座から引き落とされ、利用した場所や金額も全て親に筒抜けなのでプライバシーを重視されるならご自身でカードを発行したほうが良いと思います。

また、家族カードでもクレジットカードなので、18歳以下の中学生や高校生は基本的に発行できません。三井住友カードなど高校生で留学する場合などに発行してくれる場合もありますが、かなり特別なケースだと言えるでしょう(18歳以下でクレジットカード(家族カードですが)を持てる唯一のケース)。

 

【番外編】高校生(未成年)でもデビットカードやブランドプリペイドカードなら作れる

高校生だけど、クレジットカードが作れないと欲しいアプリが買えなかったり、一々コンビニでiTuneカードとか買わなくちゃいけないから面倒くさい・・・。そんな声が聞こえてきそうですが、解決策はあります。

それはデビットカード、もしくはブランドプリペイドカードです。

デビットカード

デビットカードというのはクレジットカードと似ていますが、全くの別物で、使った分だけ銀行口座から「すぐに」引き落とされるカードのことです。なので、店舗では現金払いと同じような感覚で利用可能。しかし国際ブランドのVISAやJCBが付帯していますから、ネットショッピングでも利用できて便利です。

あなたは今、バイト代やお小遣い、お年玉などを銀行口座に入れていますか?もしも入れているのであれば使っている銀行がデビットカードを発行しているかどうか調べてみましょう。下で提示するようなデビットカードを発行している口座は親が口座を作っていたり、バイト先にお願いされて口座を作ったという方も多いのはないでしょうか?

口座を持っていればデビットカードも追加で簡単に作れます(キャッシュカードに付帯している場合もある)。

  • 三菱UFJ銀行の口座をお持ちなら三菱UFJ-VISAデビット(申し込み資格は15歳以上中学生を除く)
  • りそな銀行の口座をお持ちならりそなVISAデビットカード(申し込み資格は15歳以上)
  • ジャパンネット銀行の口座をお持ちならJNB Visaデビット(申し込み資格は15歳以上)
  • 楽天銀行の口座をお持ちなら楽天銀行(申し込み資格は16歳以上)

こんな具合に多くの銀行がデビットカードを発行しています。

デビットカード一覧

↑は筆者の保有しているデビットカードの一部です(左からみずほ、三菱UFJ、ジャパンネット銀行、SMBC)。各カードの端にクレジットカードと同じように「VISA」や「JCB」というマークが入っていますよね?これはお店などを見たときに「VISA」というマークが入っている店舗で「カード払いで」と伝えてデビットカードを差し出せば支払える(口座から即座に引き落とされる)ということになります。

ネットショッピングの際にも同様で、クレジットカード決済を選択して「VISA」などのマークが入っているところなら基本的には使えます(弱点もあるので下記参照してください)。

ブランドプリペイドカード

ブランドプリペイドカードはクレジットカードやデビットカードと同様にVISAやMastercardなどのマーク(国際ブランド)が付いているカードタイプのチャージ式電子マネーのこと。Suicaやnanaco、楽天Edyなどと同じく事前にチャージをしなくては使えませんが、VISAなどのクレジットカードが使えるお店、ネットショッピングなどでも利用できます。

電子マネーですが、店頭で支払うときには「カードで」と伝えればOKです。

  • LINEが発行しているLINE Payカード(年齢制限なし)
  • Kyashが発行しているKyashカード(年齢制限なし)
  • auが発行しているau WALLETカード(12歳以上)
  • ソフトバンクが発行しているソフトバンクカード(12歳以上)
  • Docomoが発行しているdカードプリペイド(12歳以上)

ブランドプリペイドカード一覧

↑は筆者が保有しているブランドプリペイドカードの一部です。デビットカードと同様に、VISAやJCB、Mastercardのマークが確認できるかと思います(左からバンドルカード、Kyashカード、LINE Payカード、ソフトバンクカード、auWALLETカード)。お店やネットショッピングでも基本的にはクレジットカードと同様に使えます(デビットカード同様に弱点もあるので下記参照してください)。

ブランドプリペイドカードはデビットカードと違って、銀行口座を登録したりコンビニやATMなどでチャージをするというひと手間がかかりますが、LINE Payカードは最低0.5%−最高で2%のポイントが貯まる、Kyashカードは2%還元といった具合にポイント還元率は高いので、クレジットカード保有者でも積極的に使っていきたいカードです。変なクレジットカードより全然ポイントが貯まります。

デビットカードやブランドプリペイドカードの弱点も知っておこう

最近はデビットカードが使えるお店も増えてきましたが、「全てのクレジットカードが使えるお店」で使えるわけではありません。上で説明したとおり、デビットカードはすぐに口座から引き落とされるという仕組みなので、お店からすると返品されると面倒くさくなるといった理由で「VISA」のマークが入ったクレジットカードが使えるお店でも、「VISA」のマークが入ったデビットカードは不可、というところもまだ多々存在しています。他にも継続課金、例えばNetflixでは弾かれてしまうカードなどもある(Kyashは弾かれました)ので、事前に調べることが必要になってきます。

なので、未成年の方で18歳以上であれば、使える店舗の多さが違うのでクレジットカードは作っておいたほうが利便性が高いです(カードを出して当店では使えません、って言われるの悲しいですし)。ただし、18歳未満で、クレジットカードが持てないような高校生であればデビットカードは大きな味方になってくれるでしょう。

いくら便利でも使った分だけ引き落とされるのですから無駄遣いはダメですよ!

 

未成年のクレジットカードの作り方のまとめと注意点

さて、ここまで未成年の方のクレジットカードの作り方からおすすめのクレジットカードまで細かく見てきました。

高校生以下を除く18歳以上であれば未成年でもクレジットカードは作れるということがおわかり頂けたかと思います(親の説得頑張ってください)。高校生どうしてもクレジットカードのような機能がほしい方はデビットカードからはじめましょう。

最後に注意点として、基本的なことですが、クレジットカードを作ったら、決してなくさない、人に見せない、なくしたらすぐにカード会社に電話して停止してもらう、ということは覚えておいてください。

また、未成年のうちは分割払いやリボ払いなどを使うのはやめましょう(成人しても特にリボ払いを使って良いことなんてないのでやめましょう)。来月の財布が厳しくなるだけです。

クレジットカードは、使いすぎのないように、無理のない範囲で、使っていきましょう。あなたの生活にクレジットカードが「便利に」馴染むことを願っています。

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.