初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

個人事業主・中小企業経営者のクレジットカードの作り方

個人事業主・中小企業経営者のためのクレジットカード

個人事業主の方、法人を運営している代表者の方が「経費に使うためのカード」としてクレジットカードを作りたいと考えた場合、個人が持つクレジットカードとは違う、法人カードと呼ばれるカードを作る必要があります。

一言に法人カードといっても、大きく分けて個人事業主や中小企業向けのカードと大企業が社員に持たせるようなコーポレートカード(ビジネスカードとも呼ばれる)の2種類がありますが当サイトで取り扱うのは主に前者の法人カードです。

法人カードを作ることによって、出費をプライベート用とキチンと分けることが出来るだけではなく、法人カードならではの様々なサービスが利用出来ます。これは大げさに聞こえるかもしれませんが、人によっては法人用カードを作ることによって、事業の大幅な拡大に繋がることだってあり得ることです。

特に、これまで経費をクレジットカードで支払うことを避けてきた個人事業主の方は法人カードを作ってそれでの支払いを徹底することオススメします。

昔は法人カードは各種書類を郵送でしか作れないものが多かったのですが現在ではインターネットから作ることが出来る(申し込み→発行までを完了させることができる)法人カードが殆どになりました。

 

個人事業主・中小企業経営者が法人カードを作る理由

法人カードを作ってありとあらゆる経費を法人カードで支払うようにすることのメリットは、カードの明細書はそのまま経費帳代わりにすることが出来、一連の経費の流れがわかりやすいということにあります。

経費の管理

「経費をクレジットカード払いにすると金銭感覚が狂ってしまう」という意見もよく耳にしますが、それは間違っていると考えます。

確かに、プライベート用のクレジットカードだったら欲に負けて使いすぎてしまうこともあるかもしれません。しかしながら法人カードはあらかじめビジネス用に使うという括りがありますから、「何でも買えてしまう」プライベート用のクレジットカードと違い、無駄遣いをしすぎるということはありません。むしろ毎月かかる経費が確認しやすく感覚が研ぎ澄まされるためメリットのほうが大きいです。

(「法人カードで無駄遣い」という言葉自体がおかしいのですが・・・)

ポイントが貯まることで経費削減にもなりますし、資金繰りを遅らせることが出来る、法人カードならではの追加カードを発行して社員、スタッフに持たせることでかなりの時間短縮が出来る(仮払いの手間がなくなるため)というメリットもあります。

 

法人カードの審査基準

当然、法人カードを作るためには一個人が作るよりも審査は厳し目です。特に法人としてカードの審査を受ける場合には設立してから営業年数は3- 5年以上、さらに2期連続で黒字経営されていることが目安とされています。

ただし、これはあくまで法人としてカードを作る場合に必要とされている審査基準で、法人の代表者(主に中小企業経営者)や個人事業主の方が個人の口座と結びつけて法人カードを作ろうとすれば審査にも通りやすくなります。

特に個人事業としてお店を開業したばかりだったり、ベンチャー企業のように法人化して間もない場合は個人口座を活用して法人カードを作るのがオススメです。

個人の口座と結びつけて発行する法人カードでも、審査の傾向として、年会費が安いものは1年目の個人事業主などは通らないものが多いとされています。年会費を担保にして法人カードを発行してもらうイメージです。個人カードと比べて年会費が高く設定されていますがそれは必要経費として考えてよいかと思います。

また、細かいことですが、法人カードの審査は結構厳密なので(個人がクレカを作るのと同様に考えていると痛い目を見る)、法人用のコーポレートサイトをしっかりと作っておく、固定回線は引いておく(今どき必要ない業種も多いでしょうが、未だに固定回線=信頼の証と位置づけているクレカも多いので、信頼のために光回線などと契約するのもありかも)など細かいところにまで配慮をしておくのが良いでしょう。

 

オススメ法人カード

法人カードにも作りやすいもの、審査が厳しく作りにくいものがあります。さらに、個人で持つプライベートカードよりもカード毎の特徴に差があり、そのバリエーションは豊富です。以下、代表的な法人カードをいくつか見ていきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードはセゾンカードとAmerican Expressが提携して発行しているセゾンアメックスシリーズのビジネスカード。

下記、アメリカンエキスプレスゴールドカードを作ってインビテーションを受けなくてはいけないプロパーのアメリカンエキスプレスプラチナカードは年会費13万円ですが、こちらはセゾンカードと提携して発行しているので年会費は20,000円、さらに年間200万円以上使うようなら年会費1万円で利用可能。

しかも、ゴールドカードとほとんど変わらないこの価格ながらコンシェルジュサービスと世界中のラウンジが利用できるプライオリティ・パスも付帯しています。

費用対抗効果がかなり高いと言えるので賢い経営者の方、個人事業主の方ならコレかなと思います。引き落とし口座も個人口座か法人口座で選べるので個人事業主の方でも発行の敷居は高くありません。

>>セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードアメリカン・エキスプレスのプロパーカードのゴールドカード。通称アメ金のゴールドカードの法人カード。一般的にステータスが高いカードの代表とされていますが、実は個人事業主や会社経営者が発行しやすいカードとして有名です。

プライベートカードとしてはゴールドランクの下にグリーンカードが一応存在しますが、年会費が安い分、当然限度額は低く設定されるため、法人カードとして発行しようと思ったら少し心もとないかもしれません。もちろん業態や用途によりますが。

年会費はアメックスのプロパーゴールドならではの税別で31,000円かかりますが、事業を初めて1年目でも発行してくれる確率が高いのでカードが届いた際にカードに後光が差しているように見える経営者も多いはず(冗談です)。

法人代表の利用率も高くどこで出しても恥ずかしくないカードだと言えます。

プライベート用としても旅行に強いアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード。それはビジネスカードでも変わらず、出張の際のエアポート送迎、手荷物送迎、国内空港ラウンジの利用サービス、最高1億円の旅行保険サービスなど旅行向けのサービスも多数付帯しています。

>>アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの詳細はこちら

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドカード信頼度が高い三井住友カードの発行する法人カード。年会費はJCB法人カードと同じでビジネスゴールドカードが10,000円(税別)で、一般カードが1,250円(税別)です。

ただし、ビジネスカードを作ることが出来るのは法人用口座を持っている方で(つまり審査は厳し目)個人事業主の方はまた別のタイプのカードを作らなければならない。

ブランドとしての信頼度で選ぶタイプのカードで、ビジネスカードとしての機能的なメリットは少なめかも。信頼を第一に考える方にオススメ。

>>三井住友ビジネスカードの詳細はこちら

JCBゴールド法人カード

JCB GOLD法人カードJCBゴールド法人カードはJCBのプロパーカードであるJCBゴールドカードの法人カードバージョン。年会費は初年度が無料で次年度からも10,000円(税抜)と法人カードとしては安めなのにも関わらず、海外旅行保険は1億円やラウンジサービス付き(一般カードは年会費1,250円)。

さらにポイントサービスがポイントサービスとキャッシュバックタイプで選べるのが嬉しい。キャッシュバックタイプはプライベート用JCBカードでは選択できない法人カードならではのサービスです。

さらに上を目指すならコンシェルジュサービスも付いたJCBプラチナ法人カード。ただし、プラチナに関してはいきなり申し込みをしても余程信頼が高い業種、法人でないといきなり審査に通ることは難しいのでまずは審査に通りやすいJCBゴールド法人カードから信頼を貯めて、いずれ作ることを目指していきたい。

なお、個人用の最高峰カードである完全インビテーションのカードであるJCB THE CLASSは法人カードでは存在しません。その代わり、JCBプラチナ法人カードでは個人のTHE CLASSのサービスが受けられます。

>>JCB法人カードの詳細はこちら

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカード泣く子も黙る(かもしれない)ダイナースクラブカードのビジネス版。年会費は27,000円だが追加カードは無料発行できる。

さらに税務・資金調達、資本政策・企業再生、人事、企業法務、個人法務、相続管理の専門家に無料で相談できるプライベートアドバイザーサービス、ダイナースクラブのビジネスラウンジ(銀座)が無料で利用できるサービスなどなど、ダイナースのビジネスカードならではのオリジナリティが高いサービスも付いている。

エグゼクティブ・ゴールド・フォービズ(オリコ)

Orico EX Gold for Bizオリコカードが発行するビジネスカードである「Orico EX Gold for Biz」はゴールドランクの法人カードとしては格安の年会費で作ることが出来るカードです。なんと初年度無料で次年度からも年会費は2,000円。
個人事業主の方と法人の方で申し込みのための入り口が分かれており、かつ、必要となる書類も本人確認書類のみなので、作りやすい法人カードの代表格だと言えます。

ポイントシステムや旅行保険などは他のゴールドカードクラスの法人カードと比べてしまうと平均的ですが、オリコエグゼクティブゴールドフォービズならではの特典として従業員のための福利厚生に使える、宿泊施設やゴルフ場等の優待サービスがこの年会費で使えるのは嬉しい。

 

法人カードってどんな特典・サービスがあるの?

ここまでお目通し頂いた方にはもうお気付きだと思いますが、法人カードの優待サービスには一般カードとは違う、ビジネスを重視した特徴的なものがいくつかあります。

現在、多くの法人カードについている特典がクラウド会計ソフトのfreeeが数ヶ月間無料で使えるというサービスです。会計ソフトとして個人事業主の方にオススメできる会計ソフト。銀行口座と自動的に同期をしてくれるのが便利すぎて一度使うと手放せなくなります(EX Gold for Biz、Diners Business Club Business Cardなどに付帯)。

まだfreeeを試したことがないという方は(特に個人事業主の方は確定申告の強い味方で手放せない方多数)法人カードを作りついでに試してみると良いかも。

最初の1枚の法人カードだと難しいかもしれませんが、ランクが上がったカード(主にプラチナ)だとコンシェルジュデスクは一度使うと手放せない。出張の際に困ったことがあったときや、お付き合いがある会社の移転時等、贈答用の花の手配などまで任せることが出来ます。

その他にも顧問弁護士の月額費用が割引になるサービスなどなど、オリジナリティが高いサービスも数多く存在する。

 

【まとめ】まずは発行されることを最優先にするのがオススメ

以上、法人カードについて詳細に見てきましたが、最初に書いた通り、法人カードは通常の一般カードと違って誰でも作れるようなカードは存在せず、審査のハードルは若干高いので、まずは作ることを第一目的することをオススメします。個人事業主や中小企業経営者の方なら世間からの強い風当たりを感じたことはあるでしょう。それはクレジットカードも同じことです。

様々な付帯サービスについて記述してきましたが、法人カード、ビジネスカードを作る何よりのメリットは、利便性・経理の見通しが良くなること・資金繰りの管理のしやすさ、だと考えます。これは基本的には「法人カードであれば」どんなカードでも可能なことなので、種類を問わず、まずは審査通過→発行を目指すべきです。

上で挙げたオススメカードの中から2枚程度を選択して申し込みをすると法人カードは手に入りやすい+間違いない選択になるかと思います。活用してください。

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.