初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

学生のクレジットカードの作り方(審査に通るのか等の解説)

学生のクレジットカードの作り方

学生の方でもクレジットカードは作ることが可能です(大学生も専門学生も)。作り方としては「学生カード」(カード会社によって呼称は変わってきます)を作ることがほとんどでしょう。

学生カードと似た者として、25歳以下の方限定など年齢制限を設けたカードもありますが、基本的には同じものなので(学生の方ならどちらも申し込むことが出来るので)このページではいずれも学生カードとして、その作り方と注意点を簡潔に解説していきたいと思います。

学生カードは、利用限度額こそ一般的なクレジットカードより低めですが(10万円から30万円が一般的)、中には学生時代だからこそ多くのメリットを得ることが出来るカードがあります。使うのは学生時代だけ、と割り切ることでかなりお得に使えますので要チェックです(もちろん学生カードから普通のクレジットカードへのステップアップでも可)。

オススメの学生カードは後述するとして、まずは大学生・専門学生という、社会人とは違う特別な立場でクレジットカードを作るには何が必要なのかを見ていきましょう。

学生はクレジットカードの申込時に何を記入するの

学生がクレジットカードを作るときには職場はありませんので、社会人が通常記入する職場情報の代わりに以下の情報を記入することになります。

  • 学校名
  • 学年
  • 卒業年月日
  • 年収(アルバイト)
  • 親権者・実家の住所
  • 親権者・実家の電話番号

※年収はアルバイトの収入を記入する欄がございます。アルバイトの収入を記入すればOKです。アルバイト収入がない場合は0と記入すればOKです。

キャッシング状況は学生であっても学生ローンなどで借りている場合もあるでしょうから、記入は必須です。親の同意は18歳以上20歳未満の学生に関しては送られてくる書類に親権者同意欄があるのでそこへのサインが必要となります。

学生のクレジットカードの審査ってどうなっているの?簡単?

学生だからこそ、年収(学生だと年収という表現はピンと来ないでしょうがアルバイトの収入のことです)などの審査は対して厳しくないです。むしろ、カード会社は学生の方に入会してもらいたくて仕方がないので恐れることは全くありません。名前や年収(収入)など嘘偽りなく書くことだけ気をつけましょう。

学生と社会人のクレジットカードの審査で見られるポイントの違い

もちろん、まれに審査に落ちる場合もあります。例えば、他に審査に落ちる原因としては、過去のケータイ料金(本体の分割払い)の延滞などがあげられます。親権者の信頼情報によってカードが発行されないとケースはありませんが、iPhoneなどのケータイ料金の月々の分割払いを親に任せている場合、親が支払いを延滞していたらご自身の履歴に傷がついていたという可能性はあるかもしれません。

でも知っておいて頂きたいのは、クレジットカード会社って学生の方に申し込んで欲しくて仕方がないので、よっぽどでない限り審査に落ちることはありません。悪く言えば、早いうちから囲い込んでおきたいんですよね。

だから、我々はその考えを逆手にとって軽やかに審査に通過すればいいんです(笑)

家族カードという選択肢もあるけど・・・

家族カードは親のクレジットカードの子カード(付帯カード)として発行されるものです。

18歳以上の学生(大学生や専門学生)の場合、カードを個人で作る形がほとんどでしょうが、中には家族カードという形でクレジットカードを保有する方もいらっしゃると思います。この場合、貴方名義のクレジットカードではありますが、引き落としがされるのは親の口座からになります。

学生が家族カードを作る際の仕組み解説図

家族カードについてよく頂く質問として、「何を買ったのか親にばれたくない」「自分の口座からからの引き落としにすることは可能か?」というものがあります。結論から申し上げますと、ムリです。一部別料金で口座をわけることが出来るカードもありますが、家族カードというのは親の信用を元にして作られたクレジットカードなので、親にはその使い道を知る権利があります。

なので、親に知られたくないという方はご自身で学生カードを作る形をとりましょう。

信頼を積み重ねる学生カード

学生カードだから延滞しても平気ということは決してありません。口座には必ずお金を残し、支払いは遅れないようにしましょう。

なぜかというと、学生カードとはいえ、社会人になってからのあなたの信頼度、与信にも大きく関わってくるからです。

ブラックリストに入ってしまったら社会人になってからクレジットカードを作ることが出来ないという事態に陥ってしまいます。

逆に、普通のカードだと中々審査に通らないような方でも学生という身分を使って緩い審査でカードを作ったら、あとは信頼を積み重ねることで、他のカードの審査に通りやすくなります!

でもクレジットカード会社って学生の人に申し込んで欲しくて仕方がないので、審査が怖くて躊躇している方は思い切って申し込んでみてOKですよ!

学生だからこそお得に作れるカードがある

上でも少し書きましたがクレジットカード会社はあなたに学生のうちからクレジットカードを使ってもらって、そのまま大人になっても継続して欲しいので、かなりメリットがある条件を提示してくれます。

その中でも特にお得なのが、三井住友VISAカードのデビュープラスカードです。学生カードのオススメNO1。

三井住友VISAデビュープラスカード18歳以上から申し込めて、年会費は完全無料。さらに25歳が持つ通常クラスのクラシックカードと比べてポイントが2倍も貯まるカードです。数ある学生カードの中でもこれほど大人カード(仮)との差があるものは知りません!

>>三井住友VISAカードデビュープラスの詳細はコチラ

ブランドもセキュリティ面でも信頼出来るカードなので、このカードで信頼とポイントを積み重ねてください。もちろん学生なら審査もかなり通りやすいです。

その他、学生でも作れるクレジットカード(2位以降)

学生でも作れるカードは他にもあります。下に(三井住友VISAデビュープラスカードほどではありませんが)おすすめ出来るクレジットカードを挙げておきます。

特徴とデビュープラスカードとの比較で検討してみてください。

JCB CARD W

JCB CARD WJCB CARD Wは、JCBが2017年の末に発行を開始した新しいクレジットカードです。39歳以下限定のクレジットカードで、学生も申し込み可能となっていて、実際学生の方でも多くの方が審査に通って作れています。

元々、JCBシリーズには下記JCB CARD EXTAGEというクレジットカードが用意されていたのですが、このJCB CARD Wはその上位互換の機能を持って出現したカードになります(今からJCBカードを作る方ならJCB CARD EXTAGEを作るメリットは殆どないのでJCB CARD Wがおすすめ)。

年会費は無料でどこで使っても還元率は1%(他のJCBカードの2倍)貯まります。これは楽天カードなどと同等です。さらに、スターバックスカードへのチャージなど、ポイントアップ店も豊富なので還元率はさらに上がります。

国際ブランドのJCBが発行しているカードなのでブランド力はしっかりしています。

ただし、留学や旅行で海外に行く予定がある学生さんは、海外ではJCBは使えるところが少ないので、まずは最初の一枚として上記三井住友VISAカードデビュープラスを選んだほうが無難。三井住友VISAデビュープラスを作って、少ししてから追加でJCB CARD Wを作ると学生生活で万全の体制が整うかなと思います。

>>JCB CARD Wの詳細はこちら

JCBカード(JCBが直接発行しているもの)は審査がしっかりしており、社会人になると作るのが難しくなるので学生のうちに作っておきたいカードの1つです。

楽天カード

楽天カードみんな大好き楽天カードは学生でも作れます。別途楽天カードアカデミーという学生用カードを発行していますが、特にメリットはないので通常の楽天カードで良いでしょう。

楽天で使えばポイント還元率は最低でも3%になるという高還元率カードです。

ただし、注意して頂きたいのはクレジットカードを作る順番です。楽天カードは審査が厳しくないので(2分くらいで審査通過メールきます)、正直卒業してからでもいつでも作れます。

たとえ学生であっても2枚目以降は多少審査が厳しくなるので、楽天カードが欲しくても、まずは社会人になると作りにくくなる↑の三井住友VISAデビュープラスかJCB CARD EXTAGEを作って、その後で発行するのが順序としておすすめです

>>楽天カードの詳細はこちら

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード学生専用ライフカードは誕生日月にポイントアップするのが特徴のライフカードの学生版。

上記2枚のカードと違って、社会人版のライフカードと比べてポイントが貯まりやすいわけではありませんが(社会人版のライフカードと同じ還元率)、誕生日月にポイント2倍なのは学生カードでも変わりません。

学生カードならではの特典として、海外旅行で使えば利用分の5%が還元されるカードです。

>>学生専用ライフカードの詳細はこちら

ただ、ライフカードは上記2枚と比べるとブランド力という点で劣ってしまいます。また、社会人になってからでも容易に作れる(かなり作りやすい部類)カードなので、海外旅行に「頻繁に」行く方には圧倒的におすすめできますが、わざわざ学生のうちに作っておく必要性はそこまでないかもしれません(社会人になってから誕生日月用のサブカードとして持つのがオススメの作り方です)。

学生が作れるクレジットカードの利用限度額は、最初は約10万円

クレジットカードにはカードごとに月々利用することができる上限金額、利用限度額が設定されています。カードに一緒に送られてくる紙やカードが貼り付けられている台紙に記載されているはずです。カードを作ったら必ず確認してください(利用限度額を非公開にしているAmerican Expressプロパーカードのようなカードもありますが学生にはほぼ作れないカードなのでここではスルーします)。

学生が初めて↑でご紹介したようなクレジットカードを作ったときには利用限度額は1枚あたり10万円が基本です(稀に過去にケータイ代金の支払いの延滞があった方などが5万円だったというケースも耳にします)。利用限度額が10万円のカードを2枚作れば10万×2で月に20万円分使えることになります。「10万は低いかも、信頼ないのかな」と落ち込むことはありません。最初はみんな大体10万円です。

使い続ければ最大30万円まで上げることも可能

最初に作ったカードを使い続けることで「この人はきちんと支払いをしてくれる人だ」という信頼性が証明できるようになる(クレヒスが貯まる)ので、利用限度額が30万円までのカードが発行されるようになります(もしくはカード会社が利用限度額を上げてきます)。

なぜ30万円までなのかというと、改正割賦販売法という法律で「利用限度額が30万円より上のカードを作る場合は、その人の年収などから月々の支払可能見込額を計算して、基準に満たないなら発行してはいけない(審査を通してはいけない)」と決まっているからです。逆に、30万円以下なら収入などをそこまで加味しない簡易的な審査で発行して良いことになっているので、学生にもクレジットカードが発行できるというわけです。法律がややこしいのか、あまり知られていませんが、申し込もうとしているカードが作れるのかどうかを探る1つの手がかりにもなるので覚えておいて損はありません。

学生がゴールドカードを作れないのは限度額が30万円以上だから

学生が基本的にゴールドカードを作れない理由は、ゴールドカードは利用限度額が最低50万円からというものが多いからです。上記の通り、最低でも50万円だとカード発行会社は法律に則ってあなたの支払可能見込額を計算しなければいけないので、月々の収入が曖昧(本業が学業)な学生には発行できないということになります。

ゴールドカードで限度額が30万円ほどで作れるカードもありますが(実際、楽天ゴールドカードなどは学生でも2枚目以降なら問題なく作れている)、その分誰でも持ててカードのステータスは下がるのでゴールドカードと呼べるかどうかは微妙なところでしょう。そこら辺は主観も混じってくるのでご自身で判断してみてください。

大学生と短大生、専門学生のクレジットカードの作り方に違いはあるの?

極稀に学生専用のクレジットカードや年齢制限カードは大学生しか作れないという方がいらっしゃるのですが、そんなことはありません。作り方にも違いはありません。一番最初に述べた通り、短大生はもちろん、専門学生も同じように作ることが出来ます。

また、18歳以上であっても高校生はクレジットカードを作ることはできませんが、高専生の方は18歳以上、かつ、4年生以上であれば学生でも作れるカードであれば、ほとんどのカード会社でクレジットカードを作成可能です(以下、三井住友VISAカードにデビュープラスカードが作れるか問い合わせた結果です)。

高専生でも4年生以上ならクレジットカードは作成可能

ただし、注意しなければいけないのは、認可校「以外の」専門学生などに通われている場合は、学生専用カードを作ることは出来ないということです。予備校生や教習所に通われている場合などももちろんダメ。とはいっても、上記で挙げたカードは全部「年齢制限タイプ」も用意されているおり、そちらなら作ることが出来ますのでご安心ください。

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.