初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

フリーター・契約社員・パートの方のクレジットカードの作り方

フリーター・契約社員・パートの方のクレジットカードの作り方

フリーターや契約社員の方、パートタイムの方は、「クレジットカードなんて作れない」と考えている方も多いでしょうが、決してそんなことはありません。多くの方が作れないと勘違いしすぎています。

クレジットカード会社が「あなたのことを信頼していますよ」と言ってくれることを「与信」と言います。そして、カード会社から与えられる枠(利用することができる限度額)を与信枠と言います。時給制のフリーター、パートタイムの方、期間に限りがある契約社員の方は、この与信が「正社員の方よりも与えられにくい」、もしくは与信枠が「正社員の方よりも低めに設定される」というだけです。比較したときに作れる種類が少なく、利用限度額も最初は低めに設定されますが、決して、クレジットカードを作れないということではありません。

ただし、高校生以上であることが条件です。

 

フリーター・契約社員・パートの方はクレジットカードの審査に通るのか?

審査が厳しい銀行系のクレジットカードは難しいものも多いです。

ですが、それ以外のカードでしたらフリーター、アルバイト、パートの方でも応募OKのものはいくらでもあります。 今はインターネットがこれだけ普及して買物にもクレジットカードが必須になってきました。そのことをよくわかっているクレジットカード会社はフリーターやパートの方に対しても審査が寛容な傾向があります。

作れるクレジットカードの見極め方

クレジットカードの申込み条件にはよく以下のような文言が掲載されています。

満18歳以上で安定した収入がある方

契約社員の方はともかく、アルバイト収入のフリーターの方やパートの方はこの「安定した収入」には該当しません・・・。なので、そのような記載がないクレジットカードを選別する必要があります。例えば楽天カードは(今は申し込み条件を消してしまっていますが)、以前は主婦、アルバイト、パート、学生も可としっかりと明記されていました。

とはいっても数が少なめで1つ1つ探していくのはかなり骨が折れる作業になると思いますので、↓でご紹介するフリーターの方が作りやすいクレジットカードを参照してみてください。

フリーター・契約社員・パートの方は実績がないうちはゴールドカード以上は申し込まないほうが吉

フリーター、パートタイム、契約社員の方が申し込まないほうが良いのはゴールドカード以上のいわゆるステータスカードです。

フリーター、契約社員、パートの方はクレジットカードは作れるものの、利用限度額が30万円以上でカードが発行されることはほとんどありません。

なぜなら、クレジットカードは割賦販売法という法律で限度額が30万円以上のクレジットカードを発行する際にはその人の「年収」などから月々に支払うことが可能であろう金額を算出しなければならないからです(支払可能見込額と言い、年収-年間請求予定額-法律で定められた生活維持費で算出される)。

年収が曖昧なフリーターの方だとこの支払可能見込額が計算しにくいので、カード会社としても30万円以上のカードは発行しにくいのです。逆に言えば、限度額30万円以下なら簡易的な審査で発行可能ということです。

クレジットカードはゴールドカードではない一般的なカードは利用限度額が10-80万円くらいとなっているので発行は可能なのですが、ゴールドカードは利用限度額が50−200万円くらいということが多いので、法的に年収を加味して支払見込可能額を計算しなければならず基本的に発行は難しいということになります(もちろん種類によっては作れるものも)。

 

フリーター・契約社員・パートの方がクレジットカードを申し込む際に年収欄はどう書くのか?

契約社員の方は年収がきちんと書けると思うのですが、アルバイト収入のフリーターの方、パートタイムの方は先月の「月収」は記載出来ても、決まった「年収」はわかりません。

ですが、クレジットカードの申し込みフォームには大抵の場合、「年収」欄しかありません。なので、フリーターやパートタイムの方は去年の年収がわかる方は去年の収入の合計(1月から12月)を記載して、まだアルバイトを初めて間もない方は先月の月収×12を年収として記載しましょう。

前述の通り、クレジットカード会社は限度額30万円以下なら年収をそこまで気にしないので、ステータスカードを申し込まないのであれば、ある程度正しければ大丈夫です。

 

アルバイト先に電話はかかってくるの?

在籍確認の電話はかかってくる場合とかかってこない場合があります。審査に疑う余地がない場合はかかってこないです。最近はアルバイト先にはかかってこないケースのほうが多いと言われています。

もしもかかってきたとしてもクレジットカード会社は個人名でかけてくるので、クレジットカードの審査だということは周りにはわかりません。

また、仮にクレジットカードの在籍確認の電話だということがバレたとしても「どこのクレジットカードに申込んだか」というのはわからないでしょう。

 

フリーター・契約社員・パートの方でも作れるおすすめのクレジットカード

では、以下、フリーターの方でもパートの方でも作りやすい申し込むのにおすすめのクレジットカードと、それ以外の選択肢としてデビッドカードを見ていきたいと思います。

1.アコムACマスターカード【オススメ】

アコムACマスターカードポイントが貯まるなどと行ったことはありませんが、その分フリーターでも申し込むことができるクレジットカードの代表的な存在です。最短で即日発行も可能なので、お急ぎの方にもおすすめ!知る人ぞ知るカードだったのですが、CMでバンバン放映されているので随分広まってきましたよね。

フリーターやパートの方でも全然OKですし、年会費は完全無料なので安心です。クレジットカードとして使う際に何か他にかかることはありません。1枚持っておきたいのであればまずはコレです。

口コミから見るアコムACマスターカードの特徴

  • 審査→通りやすい
  • 勤続年数→ほぼ必要なし

>>アコムACマスターカードの詳細はこちら

2.楽天カード

楽天カード作りやすいクレジットカードとして代表的なのはやっぱり楽天カード。フリーターの方、契約社員の方、パートの方でも審査に通ったという報告をかなり頂いているカードです。申し込み条件としては「高校生を除く18歳以上の方」となっているので、正社員じゃなくても全然申し込みOKということです。

口コミから見る楽天カードの特徴

  • 審査→通りやすい
  • 勤続年数→やや必要
  • ポイント→キャンペーンを狙うと貯まる

>>楽天カードの詳細はこちら

楽天カードの場合、半年から1年ほど継続して働いている必要はありますので、現在の職場で働き始めたばかりで、今すぐクレジットカードが欲しいという方は多少難しいかもしれません。

それと、カード会社は信用情報機関に問い合わせることであなたの支払いの返済・延滞履歴などを調べるわけですが、過去に返済が滞りまくったことがある方は、そこで引っかかってしまったらさすがの楽天カードでも審査は通らないと思いませんので上記のアコムACマスターカードを作ることをおすすめします。

3.デビッドカード

デビットカードの特徴

  • 審査→年齢制限(16歳以上)をクリアすれば誰でも
  • 勤続年数→必要なし
  • ポイント→貯まるものもある(貯まらないデビッドカードのほうが圧倒的に多い)

デビッドカードはクレジットカードではありません。クレジットカードは支払ったらその場で支払われるのではなく、一ヶ月後に引き落としがされる形ですが、デビッドカードは使ったら銀行口座から支払われます(デビッドカードとクレジットカードの違いについてはこちら

例えば楽天でビッドカードを作るのであれば、楽天銀行に口座があったら、フリーターの方でも契約社員の方でもパートの方でも、誰でも申し込むことが出来ます。もしもお支払いにのみ使いたいという場合は候補にしてみてはいかがでしょうか?

もちろん楽天カード(クレジットカード)ほどポイントが貯まるわけではありませんし、すぐに支払いが行われるので口座にお金がある必要はあるのでクレカのようなお金の余裕がないときに役立つことはありませんが、いざというときのお支払いにだけ使うのであれば便利です。

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.