初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

海外留学のためのクレジットカードを選ぶ

留学のためのクレジットカード選び

学生の方が長い休みを利用して海外に短期留学したり、当然社会人の方でも数ヶ月に渡る留学をお考えの方の必須アイテムとしてまず挙げられるのがクレジットカードです。航空券や保険と並んで必要なアイテムだと思ってよいでしょう。

外国人が日本に来るとクレジットカードが使えない店の多さに驚くことからもわかるように、留学先として人気のアメリカやヨーロッパ圏を中心にカード社会である国は多いです(ドイツなど日本と同等程度の利用率の国もありますが)。

海外の治安の悪いところで現金を盗まれてしまったらどうしようもないですが、クレジットカードなら盗まれてもすぐに利用停止をしたりカードに付いている保険機能を使えます。

筆者は学生時代にアメリカのカリフォルニアにある某大学に短期留学をした際には大学の食堂でもクレジットカード払いが当たり前でカルチャーショックを受けました。日本の大学等の食堂を利用していると現金払いが当たり前ですので、これだけでも海外におけるクレジットカードの必要性がなんとなくお分かり頂けるのではないでしょうか。

また、短期滞在先の賃貸アパートも本人名義のクレジットカード払いで支払っていましたし、街中で現金払いをしたことは殆どありません。

 

留学先の国によって使えるクレジットカードは違う

あなたはどこに留学する予定ですか?クレジットカードの国際ブランドは渡航先に合わせて作るのがベターです(国際ブランドとはVISA、MasterCard、JCBといったカードに付いているマークのこと)。

留学をする際に一番オススメできないのは、国際ブランドがJCBのクレジットカードです。JCBはJapan Credit Bureau(日本クレジットカード事務所(?))の略で、その名が示す通り日本発祥の国際ブランドですから、海外では使えないことも多々あります。海外で使えるのはハワイや韓国、台湾といった一部の国のみで、それ以外では心もとないというのが正直なところです。

なので、留学をする際に一番オススメできるのは、国際ブランドがVISAのクレジットカードです。特に欧米圏ではほぼ間違いなく使えます。安定感と信頼度という面ではVISAのほうが上だと考えます。日本国内でも殆ど使えますし、一枚持っておくとしたらVISAがオススメ。次に使えるのがMasterCardという順番です。2枚持っていくのであれば、VISAとMasterCardのクレジットカードを分散して作っておけば盤石だと言えるでしょう。欧米、オーストラリアなどでもこの2枚で万全です。

その他、特殊な例として中国に留学をする場合には、国際ブランドが銀聯(UNION PAY)のクレジットカードがオススメです。中国以外では使えるところが殆どありませんが中国国内では安定して使えます。日本だと三井住友VISAカードの追加カードとして発行できます。

American Expressもアメリカをはじめとして世界中で使えるのですが、特に学生の方だと若いうちに作れるAMEXカードは殆どないので、VISAとMasterCardのクレカから選択するのがおすすめです。

 

海外では商業系クレジットカードはあまりオススメできない

留学に行く前というのは期待もありますが、同時に不安もたくさんあるかと思います。出来る限り不安は無くしたいですよね。そのため、クレジットカードは商業系のものは選ばないことをオススメします。

商業系クレジットカードというのは、例えば、楽天カードだったり、パルコカードだったり、何か別のサービスを運営している会社が自社サービス拡大やサポートの一環として発行しているクレジットカードのこと。これらのカードは海外でのトラブルに対してどうしても不安が残ります。なので、たとえ国際ブランドがVISAでも留学のお供としては適切ではありません。選択の目安として、国内でのサポートで良くない口コミが見られるようなカードはやめておいたほうがよいでしょう。

海外にもサポートデスクを設置しているような銀行系のクレジットカードがおすすめです。

商業系カードを海外で使うとしても2枚目のサブカードとして持っていくようにしましょう。

 

留学のお供としてのオススメは三井住友VISAカード

三井住友VISAデビュープラスカード具体的に、留学をする際にオススメのクレジットカードは三井住友VISAカードです。学生の方なら三井住友VISAカードデビュープラスを選択しましょう。国際ブランドがVISAで日本で発行できるカードの代表格であり、海外でも使えるという実績も抜群なので、最初に作るのはこれが一番オススメできます。

発行日数も最短3日なのでお急ぎの方でも発行出来ます(筆者も旅行前にギリギリで作った記憶が)。

デビュープラスカードは海外旅行保険が付いていませんが、一般的なクレジットカードに付帯している海外旅行保険というのはそれだけでは保険としては不十分で、他に留学保険になどに入ることが必須なので、特に必要ないかと思います。それよりも安心して使えることのほうが重要です。

2019年3月から発行される分には、VISAが発行している海外標準の電子マネーであるVISAのタッチ決済(NFC Payの一種)が付与されているので、欧米圏の多くのお店でカードをタッチするだけで利用可能です(もしそれ以前に発行している場合は電話をすれば切り替えてくれるので切り替えをおすすめします)。

実際、欧米圏ではカードを提示するよりも「まずはタッチ」というところがかなり増えているので付与されていないカードは使いづらいです。

>>三井住友VISAカードデビュープラスカードの詳細はこちら

学生専用ライフカード盗難被害にあった際に不安といった理由で2枚以上作るのであれば学生専用ライフカードもオススメです。こちらはあくまでサブカード的な使い方をするのがよいでしょう。

海外のショッピングで割引が効く他、海外旅行保険も付帯しているので持っているだけで安心出来ると言えるでしょう(最低限なので、他に加入する必要はあります)。

>>学生専用ライフカードの詳細はこちら

上記、三井住友VISAデビュープラスを作ったら、サブカードである学生専用ライフカードの国際ブランドはMasterCardを選択すれば、欧米で使えないところはまずなくなるのでオススメです。

 

【補足】流行りのフィリピン留学でクレジットカードは必要なの?

フィリピンは国民が英語をしゃべることができることからセブ島などを中心として格安の留学地として人気。そんなフィリピンはまだまだ街ではクレジットカードが使えるお店が少ないです。

ただ少ないといっても、あくまで街中のお店で、1回あたりの支払いが日本円で1,000円を越えるような高級なお店では使えます。「え?1,000円って高級なの?」と思われるかもしれませんが、フィリピンの平均世帯年収は44万円程(23万ペソ)、月収に換算すると平均世帯月収は3万6千円ですから1,000円を越えれば充分に高級なお店です。そんな物価があるからこそ、日本では格安の留学先として人気なわけです。

高級店でしか使えないからといって必要でないことは全くなく、日本人が治安を気にして入るようなお店は高級なお店が多いですし、国際ブランドは欧米と同様に、VISA、MasterCardの国際ブランドのクレジットカードが使えるので留学をする際には必ず作っていくことをオススメします。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.