初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

家電をお得に購入するためのクレジットカードを選ぶ

家電をお得に買うためのクレジットカードの選び方

家電量販店の毎年売り上げランキングが入れ替わるような激しい業界です。そんな家電業界の値引き競争、ポイント競争は今更言わずもがな。でも実は、裏側ではさらにもう一つの競争が行われています。自社発行のクレジットカードの獲得競争&付加価値競争です。

家電量販店では基本的に現金払いが一番お得な仕組みになっています(例えばビックカメラでは現金払いのときはビックポイントが購入金額の10%分つきますが、クレジットカード払いのときは8%です)。

というのも、家電量販店はポイントを付けたり価格を下げたりといった限界ギリギリのところで競争しているので、これに加えてクレジットカード会社にマージンまで支払ってしまったら売上が危機に直面してしまうからです。

でも自社で発行しているクレジットカードなら話は別。囲い込みを目的としているので、クレジットカード払いでも現金払いのときと同じポイント(+α)が獲得出来ます。

加えてポイントだけではなく、保証延長や修理サービスが付いたり、他のサービスと組み合わさって家電量販店以外の提携店で家電以外を購入してもポイントがお得に獲得できたりなど、魅力が色々とあります。

メインカードとして使う分には少し心もとないものが多いのですが、サブカードとして家電専用に使うことを目的としても充分な魅力を発揮してくれます。家電好きの方はもちろん、1年に1回でも高価な家電を買うのであれば作って良いと言えるでしょう。

 

まずは自分がよく使う家電量販店を選択→ポイントを集約

兎にも角にも、まずはあなたがよく利用する家電量販店を見定めましょう。家電系のクレジットカードを作ったらそのお店以外は使わない心持ちで。値引きの交渉はしても、最終的にはそちらで買うと決めましょう。

実際、ポイント分を考慮すれば価格差を埋めることが出来ることも(高価な商品であればあるほどクレジットカード分の数%が効いてきます)。

以下、主要な家電量販店が発行しているカードの特徴を挙げていくので参考にしてみてください。

ビックカメラSuicaカード(現金払い時と同率のポイントが貰える)

ビックカメラSuicaカードビックカメラが発行するビックカメラSuicaカードはポイントカードと交通系電子マネーのSuicaの機能を併せ持ったクレジットカードです。

通常、ビックカメラではクレジットカード払いをするとポイントカードのポイントが8%しか貯まらない(現金払い時は10%)ですが、このビックカメラSuicaカードで支払えば現金払い時と同じ10%が貯まります。

さらにSuicaにチャージした際には1,000円につき6ポイント(ビューカードの特典)が付くので、Suica圏内で定期券を購入して、さらにビックカメラ好きなら作って損なしのカードです。

ビックカメラ以外でのお店で使った時にもビックポイントとJR東日本のビューサンクスポイントは貯まりますが、還元率は合わせても0.7%と一般的な点には注意しましょう。

JR西日本エリアに住んでいる方はビックカメラJ-WESTカードが同等の機能を保有しています。

>>ビックカメラSuicaカードの詳細はこちら

ゴールドポイントカードプラス(ヨドバシカメラで使えば補償が付く)

ゴールドポイントカードプラスゴールドポイントカードプラスは以前まではビックカメラSuicaカードなどと同様に現金払いと同等のポイントが貯まっていてお得でした。

ですが、現在ヨドバシカメラでは、どの種類のクレジットカードで支払っても現金払いと同等以上のポイント(ゴールドポイント10%+カード払いのポイント分(ゴールドポイントカードプラスの場合は+1%))が貰えるのでわざわざこのゴールドポイントカードプラスを作る意義は低くなりました。還元率が高いクレジットカードで支払ったら10%+クレジットカードのポイントが貰えて総合的にお得になります。

なので、このゴールドポイントカードプラスを作りたいなら以下のものを求める方になるでしょう。

  • ポイントをゴールドポイントに集約したい方。
  • ゴールドポイントカードプラス限定の60回の分割払いを利用したい方。
  • ヨドバシカメラで買った商品の90日間の補償が欲しい方。

ヤマダLABI ANAマイレージクラブ セゾン・アメリカン・エキスプレスカード(現金払いと同率のポイント+永久不滅ポイントの2重取り)

ヤマダLABI ANAマイレージクラブ セゾン・アメリカン・エキスプレスカード長い名前のこのクレジットカードはヤマダ電機のポイントカードと永久不滅ポイントで有名なセゾンカードが結びついたカード。

ビックカメラSuicaカードと同様に現金払いと同等のヤマダポイントが貰えます。ビックカメラSuicaカードと違って、ヤマダ電機(及び一部の優待店)以外のお店ではヤマダポイントは貯まらず、永久不滅不滅ポイントのみが貯まります(1,000円で1ポイント)。これは少し残念。

ただ、貯めた永久不滅ポイントはヤマダポイントとANAマイルに交換できますし、貯めたヤマダポイントもANAマイルに交換できるなど、ポイントの柔軟性は高いです。

  1. ヤマダポイントをANAマイルにするときのレートは4,000ポイント→1,000マイル。
  2. ANAマイルをヤマダポイントにするときは10,000マイル→10,000ポイント(相互交換)。
  3. 永久不滅ポイントをヤマダポイントにするときのレートは200ポイント→1,000ポイント(一方通行の交換)。
  4. 永久不滅ポイントをANAマイルにするときは200ポイント→625マイル(一方通行の交換)。

 

家電量販店が発行するクレジットカードの今後

これまで家電量販店が発行するクレジットカードを作ることの最大の強みは、現金払いのときと同等のポイントが貯まることでした。その流れは今でも基本的には変わりません。

しかし、2015年の春にヨドバシカメラがクレジットカード払いと現金払いのポイントを同等にすることを発表したことで流れが変わってきそうな予感がします。

現在ポイントが10%(満額)貯まる唯一のクレジットカードが自社発行のクレジットカードであるビックカメラのビックカメラSuicaカード、ヤマダ電機のYAMADA LABI マイレージクラブカード、(上記に詳細は載せていませんが)PC関連を取り扱っているエディオンが発行するエディオンカードらもヨドバシカメラの動きに合わせてくるのか、また、オリジナルの補償をつけてくるかなど、ポイント以外の付帯価値を載せてくるかどうかに注目していきたい。

現在のところは、ヨドバシカメラを使うなら基本的にどのクレジットカードでもOK。それ以外の家電量販店で「ポイントを貯める」+「年間で家電に結構な額を使う」なら各家電量販店が発行しているクレジットカードを作ってOK。というのが当サイトの見方です。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.