初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

コンビニの支払いでお得なクレジットカードを選ぶ

コンビニの支払いでお得なクレジットカード

あなたの家の近くにある最も使っているコンビニはどこですか?そのコンビニではどんな支払い方法をしていますか?

現在、日本の知名度があるコンビニチェーン店ではクレジットカードが使えないところは存在しません。セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップなどすべて各種クレジットカードが使えます。

「え?コンビニでカード決済?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、コンビニはよほど大きな購入をしない限りはサインレスで決済ができるので一瞬です。ローソンなどはカードを店員さんに渡すこともなく、自分で機会に差し込むだけなのでセキュリティ的にも安全です。

そんなコンビニでのクレジットカード決済ですが、コンビニがクレジットカードを発行していてそのカードで支払うとお得だったり、提携したクレジットカードで支払うととてもお得だったりします。

すべてのコンビニで最高にお得な状態を作るのはなかなか大変ですが(不可能ではないですが、ポイントが分散するのでおすすめはしない)、普段からよく使うコンビニでお得なクレジットカードは1枚持っていても良いと思うので、各大手コンビニチェーンが発行している、そしてお得なクレジットカードをご紹介します。

冷静に月々コンビニでいくら使うのかを計算してみて、数万円を超えるのであれば作ることを検討してみても良いクレジットカードだと言えるでしょう。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで1番おすすめのクレジットカード

三井住友VISAクラシックカードコンビニを種類を限定せず満遍なく使うのであれば、もっともおすすめなのは三井住友VISAカードです。社会人の方であればクラシックカードやゴールドカード、学生の方であればデビュープラスカードが良いでしょう。

三井住友カードはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで利用した際には、ポイントが最大5倍です。通常1,000円で1ポイント(1ポイント=5円分)に加えて、月額利用料金250円で1ポイント、合わせて1,000円で5ポイント(25円分)が貯まります。この際の還元率は2.5%です(若者向けのデビュープラスカードなら3%)。

>>三井住友VISAクラシックカードの詳細はこちら

>>三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら

通常のVISAクレジットカード払い、付帯しているiD、Apple PayとしてのiD、付帯しているVisaのタッチ決済(ローソンで利用可能)、いずれの支払い方法でも還元率は2.5%です。

ローソンでdカードを利用する際の還元率には及びませんが、セブンイレブン、ファミリーマートでは一番お得です(何より大手コンビニ3社+マクドナルドに対応しているのが嬉しい)。

セブンイレブンでお得なクレジットカード

セブンカード・プラスセブンイレブンで使うなら、セブンアンドアイグループが発行しているクレジットカードのセブンカード・プラスはやはりお得です。

通常は200円で1nanacoポイントが貯まるクレジットカードですが、セブンイレブンで使った際にはポイントが3倍、200円で3nanacoポイント貯まり、そのポイント還元率は1.5%という高還元率になります。

普通にクレジットカード払いをしても良いのですが、このセブンカード・プラス最大のメリットはnanacoにオートチャージ(残高が一定以下になったら自動的にチャージする機能)できる唯一のクレジットカードだという点です。チャージポイントも貯まります。

セブンカード・プラスからnanacoにチャージ(オートチャージ)で0.5%分のポイント、さらにセブンイレブンでnanacoで支払えば100円で1ポイント貯まるので、このルートでも還元率は1.5%になります。

同じ還元率1.5%だったらカード払いをするよ、と思われるかもしれませんが、セブンイレブンというコンビニにおいてnanaco払いは利便性最強です。カード払いも他のコンビニでは電子マネー払いもできない公共料金の支払いや切手などの支払いも、セブンイレブンでnanaco払いならできてしまうのでキャッシュレス派から愛されています。

公共料金や切手などの場合、nanaco払いのポイント(100円で1ポイント)は貯まりませんが、セブンカード・プラスを持っていればチャージした際のnanacoポイント(0.5%分)を得ることができます。公共料金の支払いでポイントがゲットできるのは大きい。

注意点として、年会費は初年度無料ですが、次年度からは年間5万円以上使っている場合には無料ですが、それ以下の場合は500円(税別)がかかってきます。

>>セブンカード・プラスの詳細はこちら

セブンアンドアイグループが発行しているんだから、セブンカード・プラスが一番お得だと考えるのが当たり前ですが、実はそれよりもお得なカードも存在しています。特におすすめなのはJCBが発行しているJCB CARD Wです。

JCB CARD W18歳以上39歳以下という年齢制限があるカードですが、常時還元率1%という高還元率です。セブンイレブンはJCB ORIGINALパートナーでポイント還元率はさらに上がって2%になります。

年会費も完全無料なので、nanacoでの公共料金の支払いやnanacoへのオートチャージ機能、及びチャージポイントに魅力を感じないという方はJCB CARD Wのほうがおすすめです。

>>JCB CARD Wの詳細はこちら

ローソンでお得なクレジットカード

dカードローソンでお得なクレジットカードはなんといってもdカードです。ドコモユーザーのローソン利用者なら必携だと言えます。

カードを提示すれば100円で1dポイント(1%分)が貯まり、そのままdカードで決済をすればさらに100円で1dポイント(1%分)、さらにさらに請求時には3%オフになるため、合計で還元率はなんと5%になります(ローソンストア100では提示ポイントが0.5%なので還元率4.5%)。

電子マネーのiDも付帯していて、iD払いでも3%オフは変わりません。

年会費は初年度無料で、次年度も1回でも使えば無料(使わないと1,250円(税別))なので、実質無料で使えます。

ローソンを日常的に使われる方ならぜひとも持っておきたい1枚です。

>>dカードの詳細はこちら

JMBローソンPontaカードVISA他にもローソンは自身の名を冠したJMBローソン PontaカードVisaというクレジットカードをセゾンカードと組んで発行しています。

このカードはローソンで100円ごとに2Pontaポイント(還元率は2%)が貯まります。

dカードが優秀すぎて影に潜んでいますが、ローソンでは比較的優秀なカードです。貯めたPontaポイントはJALマイルと相互交換ができるのがメリットなのでローソンをよく利用される陸マイラーなら作って良いかも(2Pontaポイント→1マイル、1マイル→0.5Pontaポイント)。

年会費は完全無料となっています。

>>JMB ローソンPontaカード Visaの詳細はこちら

ファミリーマートでお得なクレジットカード

ファミマTカードファミリーマートはTポイントが貯まるコンビニ(社長はインタビューなどでTポイントからの脱却を往々にして口にしていますが)で、ファミマとTカードが提携して発行しているファミマTカードがお得です。

ファミマでこのカードで決済をした際には、最初のうちは基本的には200円で1ポイント貯まります(還元率0.5%)。その翌月からは前月に使った分に応じてポイント還元率がアップします。最大で200円で3ポイント貯まります(前月ファミマで15,000円以上利用時、還元率1.5%)。

また、週に2回、火曜日と土曜日はカードの日となっており、カードの提示でポイントが3倍、そのままファミマTカード払いをすることで2倍、最大5倍のポイントが貯まります。他にも25歳以下なら若者応援としてポイント2倍、毎週水曜日はレディースデーで女性はポイント2倍といった特典も用意されています。

ただし、このカードは基本リボ払い専用カードなので、カード初心者が使うには難しいかも。

>>ファミマTカードの詳細はこちら

ミニストップでお得なクレジットカード

イオンカードセレクトミニストップはイオングループなので電子マネーのWAONが最もお得です。さらに、ミニストップでは公共料金やゆうパックなどの支払いにもWAONが使えます。

なので、ミニストップではWAONが付帯していて、WAONにチャージできるクレジットカードがおすすめ。イオンカードならどれでも良いですが、WAONにチャージをしてポイントが貯まるイオンカードセレクト(イオン銀行の口座が必要)やイオンカード(WAON一体型)などがあると便利です。

ただ、使い勝手は良いものの、特にポイントが貯まりやすいというわけではないので、ミニストップでポイントを目当てにするなら他の高還元率カードで良いかも。

>>イオンカードセレクトの詳細はこちら

コンビニの支払いでお得なクレジットカードのまとめ

各メジャーどころのコンビニで利用する際におすすめのクレジットカードをまとめてみました。

使っているコンビニが決まっていない場合、他に貯めているポイントがない場合は三井住友VISAカードで、それ以外は必要に合わせて、という形が良いのではないでしょうか。

コンビニでの支払いが月々の支出の何%を占めているかで、コンビニ用にクレジットカードをつくるかどうかは変わってくると思いますが、こういった選択肢がベストに近い選択肢だというのは知っておいて良いでしょう。

また、基本的にクレジットカードはサインレスで支払えるとはいっても、クレジットカードから支払うよりも電子マネーから支払うほうが早いので、電子マネーとの相性も考慮して選ぶのがおすすめです。セブンイレブンならセブンカード・プラスからnanacoチャージ、dカードなら付帯しているiD払いなどなど、ご自身がよく使うコンビニ、そのコンビニで利用する金額などを加味して選んでみてください。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.