初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

Apple Pay(アップルペイ)で使うためのクレジットカードを選ぶ

Apple Pay(アップルペイ)

Apple Pay(アップルペイ)とはiPhoneの「支払い方法」の名前で、WALLETアプリにクレジットカード(及びSuica)を登録して使います。

Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを登録

クレジットカードを読み取って登録します。読み取るといっても、撮影してカードに記載されている文字を読み取るだけなので、エラーがないか確認、読み取れなかった部分は手動で入力しましょう。

Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを読み取りおすすめのクレジットカードを紹介する前に、まずはApple Payに登録できるクレジットカードと登録できないクレジットカード、そして登録したクレジットカードによってどのような違いが出て来るのか、基本的な使い方を知っておきましょう。

 

Apple Pay(アップルペイ)で使えるクレジットカード、使えないクレジットカード

日本で発行されている多くのクレジットカードがApple Payに対応しています。

イオンカード、au、オリコカード、クレディセゾン、JCB、ソフトバンク、TS3、dカード、ビューカード、三井住友カード、楽天カードなど

など、基本的にどのクレジットカードも登録は可能です。

逆に、使えないクレジットカードを知ったほうが選択が楽だと思います。

Apple Payが使えないのは、DinersClubカードなど。

最初はAmerican Expressカードなども登録不可だったのですが、現在は対応されています。デビットカードなどは殆ど登録不可ですが、クレジットカードである程度名前が知られているものはほぼ全て登録可能です。

 

Apple Pay(アップルペイ)のクレジットカードの基本的な使い方

WALLTアプリに登録したクレジットカードは登録した時点で後払い式電子マネーのiD、もしくはQUICPayが使えるようになります。

後払い式の電子マネーとは通常の電子マネーと同じように「ピッ」とタッチするだけで支払いが完了します。料金はクレジットカードと一緒に請求されます。クレジットカードを店員さんに渡さなくてもいい、いちいちチャージしなくていい、というメリットぐらいしか見当たらなかった電子マネーのiDとQUICPayがApple Payの力でiPhoneから支払えるという大きな役割を得ました。

登録するクレジットカードによって、iD、QUICPayのいずれかが付与されるのでまずは確認をしましょう。

例えば、三井住友VISAカードをWALLETアプリに登録すると、「iD」が付与されます。

Apple Payに登録した三井住友VISAカードにiDが付与

Viewカードを登録すると「QUIC Pay」が付与されます。

Apple Payに登録したビュー・スイカ・カードにQUICPayが付与

店頭で支払う際に、「iD払いで」「QUICPay払いで」といった具合にこの登録されたiD、もしくはQUICPayのいずれかを店員さんに伝えてiPhoneを読取機にかざせば、すぐに支払いが完了します。

 

Apple Pay(アップルペイ)で使うためにクレジットカードを作る際、考えなければいけない2つのこと

使えないクレジットカードがわかったら、次にApple Payのためにクレジットカードを作るときに考えるべきポイントは以下の2点です。

  • iDが使えるようにしたいか or QUICPayが使えるようにしたいか?
  • SuicaへのチャージをWALLETアプリ上で手軽にできるようにしたいか?

順番に見ていきましょう。

iDが使えるようにしたいか or QUICPayが使えるようにしたいか?

iDが付与されるか、QUICPayが付与されるかは登録するクレジットカードによって違います。

ランダムに割り当てられるわけではありませんし、クレジットカードを登録後、自分で選択できるわけではありません。

なので、クレジットカード作成時からどちらの電子マネーが付与されるのか考慮しておく必要があります。

iDが使えるけどQUICPayは使えないお店(マクドナルドなど)も結構存在しているので事前に考慮しておく必要があります。

iDが付与されるカード

三井住友カード、イオンカード、dカード、ソフトバンクカード、ライフカードなど

QUICPayが付与されるクレジットカード

JCBカード、オリコカード、クレディセゾン、ビューカード、楽天カード、三菱UFJニコス、au WALLETクレジットカード、TS CUBIC CARD、エポスカードなど

普段からよくマクドナルドを利用される方がApple Payに登録するメインのクレジットカードは、三井住友VISAカード、イオンカード、dカード、ソフトバンクカードなどにしたほうが良いということです。

SuicaへのチャージをWALLETアプリ上で手軽にできるようにしたいか?

WALLETアプリからSuicaにチャージをするためには、Apple Payに登録可能、かつ、JCB、MasterCard、American Expressの国際ブランドのクレジットカードが必要になります。

WALLETアプリからSuicaにチャージ

WALLETアプリにSuicaチャージ可能なクレジットカードが登録されていたら、↓のような画面が現れてお手軽にチャージが可能になります。

WALLETアプリからSuicaチャージ

ただし、WALLETアプリにVISAのクレジットカードしか登録していないようだと、WALLETアプリからSuicaにチャージをすることは出来ません。

なので、Apple PayでSuicaにチャージをしたい方はJCB、MasterCard、American Expressの国際ブランドを選択しましょう(※)。

※SuicaアプリからならVISAのクレジットカードからでもチャージ可能。あくまでWALLETアプリ上からSuicaにチャージをしたい方は、という話です。

ネットショッピングでApple Pay払いを実現したい方も、VISAは利用不可なので合わせて覚えておきましょう。

 

Apple Pay(アップルペイ)に登録するのにおすすめのクレジットカード

さて、アップルペイに登録するのにオススメのクレジットカードを見ていきましょう。

 

ViewSuicaカード or ビックカメラSuicaカード(国際ブランドはJCB)

VIEW Suicaカード

年会費 Apple Payで付帯される電子マネーApple Pay払いで貯まるポイントWALLETアプリでSuicaへのチャージ
477円(税別) QUICPayビューサンクスポイント可能(Suicaアプリからオートチャージも可)

一番オススメなのはやっぱりSuica機能が全て使えるビューカード。年会費はかかりますが、請求をWeb明細(郵送じゃなくWebで見るのみ)にすれば600円分のポイントが貯まるので実質無料で使うことが出来ます。

さらに、WALLETアプリではなく、Suicaアプリをインストールしているなら、残高が2,000円以下になったら自動的に3,000円チャージするといったオートチャージの設定も可能です。このオートチャージが可能なのはビューカードのみ。

Suicaにオートチャージをした際のポイント還元率は通常の3倍で1.5%と高還元率。これはアップルペイで使っているSuicaにチャージをしても同じく1.5%です。

Suicaがメイン機能のApple Payとの相性は抜群です。

注意点として、ビューカードでも国際ブランドがVISAだと「WALLETアプリ上からSuicaへのチャージはできない」(Suicaアプリやオートチャージは利用可能なので大した問題ではありませんが)ので、日本でしか使わない予定なら国際ブランドはJCBのものを選んだほうが良いでしょう。

View Suicaカードの詳細はこちら

またビックカメラをよく利用される方なら、ビューカードラインナップの中でもビックカメラSuicaカードを選択しましょう(ビックカメラで還元率が最大(最高11.5%)になります)。

ビッグカメラSuicaカード

年会費 Apple Payで付帯される電子マネーApple Pay払いで貯まるポイントWALLETアプリでSuicaへのチャージ
477円(税別) QUICPayビューサンクスポイント&ビックポイント可能(Suicaアプリからオートチャージも可)

年会費などは同じです。

ビックカメラSuicaカードの詳細はこちら

 

dカード(国際ブランドはMasterCard)

dカード(国際ブランドはMasterCard)

年会費 ApplePayで付帯される電子マネーApple Pay払いで貯まるポイントWALLETアプリでSuicaへのチャージ
完全無料 iDdポイント可能

dカードは電子マネーのiDを発行するDocomoが発行している電子マネー。特にDocomoユーザーは作っておいて損はありません。

何よりの特徴は、ローソンで使うと、全商品が3%オフになるクレジットカードだということ。それはアップルペイに登録したiDで支払っても同様です。

いちいちカードを取り出さなくてもiPhoneでピピッと支払って3%ですから当然便利です。普段からローソンで買い物をされる方には必携だと言えるでしょう。

また、Apple Payで電子マネーのiDが付与されるクレジットカードは少ないので希少です。

国際ブランドにVISAも存在しますが、Apple Payで使うならMasterCardを選択しておいたほうが良いでしょう(WALLETアプリでのSuicaチャージやネット決済で使えるようにするため)。

dカードの詳細はこちら

 

JCB一般カード(国際ブランドはJCB)

JCBオリジナルシリーズ

年会費ApplePayで付帯される電子マネーApple Pay払いで貯まるポイントWALLETアプリでSuicaへのチャージ
1,250円(税別)

初年度無料。50万円以上の利用で次年度無料。

QUICPayOki Dokiポイント可能

JCBは、QUICPayの発行元でもあります。そんなJCBが発行するクレジットカードですから当然アップルペイとの相性は抜群。Suicaチャージからアップルペイでのネット決済まで全ての機能が問題なく使えます。

たとえApple Payで使う専用のクレジットカードになったとしても、長く使って育てていくことでステータスがかなり上がりますから(最終ゴールはJCB THE CLASSというブラックカードが控えています)、この機会に信頼性が高いクレジットカードを作っておきたいという方にもオススメです。

JCB一般カードの詳細はこちら

29歳以下の方でしたら、JCB CARD EXTAGEが年会費無料なのでオススメです。

JCB CARD EXTAGEの詳細はこちら

 

セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード(国際ブランドはAmerican Express)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費ApplePayで付帯される電子マネーApple Pay払いで貯まるポイントWALLETアプリでSuicaへのチャージ
完全無料QUICPay永久不滅ポイント可能

国際ブランドのAmerican ExpressカードはApple Payに登録することが出来ません。

ですが、American Expressカードとセゾンカードが共同で発行しているこのセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは(セゾンカードがアップルペイに対応しているので)登録可能です。年会費が無料で使うことができる貴重なAmerican Expressカードになります。

貯まるポイントは有効期限がない永久不滅ポイントなので、クレジットカードのポイントのことを考えるの面倒くさい!という方でも安心。ふと思い立ったときにポイントを交換することが出来ます。

発行までの日数も早い(最短即日発行も可能)です。

 

Apple Pay(アップルペイ)で使うクレジットカードのまとめ

というわけで、アップルペイの基本と、登録して使うのにオススメのクレジットカードを見てきました。日本で一番作る人が多い楽天カードや三井住友VISAカード、JCBカードなどの大手カードにも対応しています。また、追加できるクレジットカードの種類はどんどん増えていて、開始当初は登録不可だったエポスカードやライフカードも問題なく使えるようになっているので、多くの方は問題なく登録できると思います。たとえApple Payへの登録不可のクレジットカードでも、SuicaへのチャージもSuicaアプリからならチャージできないクレジットカードは殆どありません。

アップルペイ用のクレジットカードを別にサブカードを作るのも良いですが、アップルペイはコンビニなどで日常的に使う機会が多いので、できればメインカードを登録したほうが便利でポイントも集約しやすいです。

参考にしてみてください。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.