初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

Amazonで使うためのクレジットカードを選ぶ

Amazonで使うためのクレジットカード

通販サイトの雄、Amazonはクレジットカード会社によってお得度が全く変わってきます。

日常的にAmazonを使うような方なら使うクレジットカード選びはとても大切です。

 

Amazonで使うクレジットカードの選び方

Amazonで使うクレジットカードを選ぶ際のポイントは、還元率とAmazon以外でも使うかどうか、です。

  • Amazon Primeに入るようなヘビーユーザーの方で、Amazon以外では使わない(Amazon専用)カードを作りたいのか。
  • Amazonでも結構お得で、Amazon以外のお店、実店舗でも幅広くお得なカードを作りたいのか。

Amazonは何でも手に入るので、日用品まで全てAmazonで注文している方も多いと思いますが、そのような方は前者を、日用品は実店舗で購入してAmazonでは家電などを月に数回購入するくらいの方、かつ、カードの枚数を増やしたくない方なら後者のカードを選ぶと良いでしょう。

楽天市場の場合は楽天カードとそれ以外のクレジットカードでは貯まるポイントに大きな差があるので、よほどの理由がない限り楽天カード一択ですが、Amazonの場合、Amazonが発行するクレジットカード以外にもお得なカードがあるのでご自身で選択しましょう。

 

Amazonで使うのにおすすめのクレジットカード

ではAmazonで使うのにおすすめのクレジットカードを一覧でご紹介します。Amazonが発行しているクレジットカードとそれ以外です。

Amazon Mastercard ゴールド(Amazonで還元率2.5%)

Amazon Mastercard ゴールド

Amazon Mastercard ゴールドはAmazonが三井住友カードと発行しているクレジットカードです。Amazonで買い物をしていると定期的におすすめされるので見たことがある方も多いはず。

このカードは通常年会費1万円ですが、リボ払いサービスのマイペイすリボの利用(実質一括払いに変更可能)で年会費半額、さらに明細を郵送ではなくWEB明細にする(かつ半年利用)ことで1,000円引きとなります。合計6,000円引き(税別)なので、年会費は4,000円(税別)で利用可能になります。

さらにこのAmazon Mastercard ゴールドは年会費3,900円(こちらは税込)のAmazon Primeに自動加入することになるので、すでにAmazon Primeに加入しているような方なら実質数百円で持つことができるカードです。Amazon Primeもれっきとした年会費なのでこの言い方が正しいのかどうかは微妙なところですが。

このAmazon Mastercard ゴールドはAmazonで使った際には還元率が2.5%になります。Amazonでよく買い物をされる方でAmazon Primeのサービスを頻繁に利用される方なら年会費の元を取るのは容易でしょう。

貯まるポイントはAmazonポイントで1ポイント=1円でAmazonの買い物で利用することが出来るのでスムーズに活用できます。Amazon以外で使った場合にも100円で1ポイントが貯まり還元率は1%です。

学生はAmazon Mastercard ゴールドを作ったら損をする可能性大なのでおすすめできない

Amazon Mastercard ゴールドはお得ですが、作ることを絶対におすすめできない方がいます。それは学生の方です。そもそも学生として申し込んだ場合には審査にはほとんど通らないとは思いますが、学生以外の属性で申し込めば20歳以上なら作れる可能性があります(実際作れた方を知っています)。

しかし、Amazonは学生向けにPrime Studentというサービスを行っていて、このPrime StudentならAmazon Primeと同じサービスが受けられて年会費が1,900円(税込)と格安です。

このPrime StudentはAmazon Mastercard ゴールドを作ってしまうと強制的に年会費3,900円(税込)のAmazon Primeに移行することになってしまいます。つまり2,000円以上の損です。この2,000円の元を取ろうと思ったら、年間8万円以上の買い物をしなければなりません(さらにリボ払いの設定などもしなければならない)。8万円以上の買い物をしてよやくトントン、そこから損益分岐点がプラスになるということなので、学生時代に作るカードとして得策とは言えません。

「じゃあ、学生はランクが1つしたのAmazon Mastercard クラシックが良いの?」と思われるかもしれませんが、Amazon Mastercard クラシックを作るならもっとお得なカードが存在しています(下記詳細)。

JCB CARD W(Amazonで還元率2%)

JCB CARD W

JCB CARD WはJCBが発行している18歳以上39歳以下限定カードです。

このJCB CARD Wは年会費無料で常時還元率1%のクレジットカードで普通に使っても優秀です(他のJCBプロパーカードの2倍)。でもJCB CARD Wの優秀さは提携店の豊富さにあります。例えばスターバックスは提携店の1つでJCB CARD Wでスターバックスカードにチャージをすれば還元率は5.5%です。

AmazonもJCBカードの提携店の1つで、JCB CARD WをAmazonで使った際には還元率は2%になります(OkiDokiポイントというポイントが貯まります。)。

Amazon Mastercard ゴールドのAmazonでの還元率2.5%には多少及びませんが、年会費は完全無料(条件などはなくシンプル)なのと、Amazon以外の場所でもお得、例えば他にもセブンイレブンも提携店なので2%還元なことを考えると負けず劣らずとても優秀です。

旅行保険などもゴールドカードには及びませんが一般カードとしては最高クラスで付帯しています。

特に学生の方でAmazonをよく使われる方ならまずはJCB CARD Wをおすすめします。

>>JCB CARD Wの詳細はこちら

貯まったポイントをそのままAmazonの購入ページで使えるサービスも提供されています(要申し込み)。

AmazonのレジでJCBのOkiDokiポイントを使う

ただしOkiDokiポイント→Amazonでの利用の場合、交換レートは良くないので、貯まったOkiDokiポイントは百貨店などで使えるギフトカードやスターバックスカードへのチャージなどに交換したほうが良いと思います。こんな連携が出来るくらいJCBカードはAmazonと相性が良いカードだということです。

Orico Card The Point(Amazonで還元率2%)

オリコカード・ザ・ポイント

Orico Card The Pointも↑の2枚同様にどこで使っても還元率1%のクレジットカードです。年会費は完全無料です。

電子マネーのiDとQUICPayが付帯していて、実店舗で便利&お得なイメージが強いカードですが、ネットショッピングでも強いです。

オリコカードは会員のためにオリコモールといういろんなショッピングサイトをまとめたサイトがあるのですがそのサイトを経由してAmazonに行って買い物をすると還元率は+1%で2%になります。

Orico Card The Pointはモールを経由するという一手間がかかるのは少し面倒ですが、AmazonではJCB CARD Wと同じ還元率で、同じく年会費無料です。

旅行保険などは一切付帯しないので、還元率が同じである以上、総合的にはJCB CARD Wに軍配が上がります。

貯まったOricoポイントはAmazonギフト券やTポイントなどと交換可能となります。

>>Orico Card The Pointの詳細はこちら

Amazon Mastercard Classic(Amazonで還元率1.5%)

Amazon Mastercard ClassicはAmazon Mastercard ゴールドの通常版カードです。年会費は初年度無料で次年度は年に1回でも利用があれば無料なので実質無料となっています。

このカードはAmazonで利用した際に還元率1.5%、Amazon Primeの会員の場合は2.0%です。

現在Amazon Primeに加入していない方は実質年会費3,900円(税込)が別途かかってくるので、Amazon Primeに加入するつもりがあるのであればAmazon Mastercard ゴールドのほうがお得です。

Amazon Primeに加入するつもりがないのであればJCB CARD W、Orico Card The Pointのほうがお得です。JCB CARD W、Orico Card The Pointはプライム会員じゃなくても2%が貯まります。

なので、ここでご紹介するカードの中では正直あまりおすすめはできません。

海外旅行保険などは一切付帯していません。

 

Amazonで使うクレジットカードの選び方まとめ

Amazonで使うとお得なクレジットカードのラインナップをご紹介してみました。日本のAmazonで使うとお得なクレジットカードは↑の4枚に集約されると思います。

Amazonで使うことに完全に特化するのであれば、学生以外の方ならAmazonで還元率2.5%のAmazon Mastercard ゴールドを作るのも良いと思います。ただし、デメリットとしてはAmazon以外では普通の還元率であること、年会費を下げるための条件がリボ払いの設定だったりするので慣れていないと少し面倒なことなどが挙げられるでしょう。

当サイトのイチオシは39歳までの年齢制限付きですがAmazonで還元率2%で負けず劣らずお得、さらにAmazon以外のセブンイレブンやスターバックスなどでもお得なJCB CARD Wです。年会費無料でポイントアップ店も多く、面倒な設定なども必要ないのでシンプルにお得を享受することができます。デメリットは、国際ブランドがJCBなので海外では使いづらいことぐらいでしょうか(Amazonで使う分には関係ないですが)。

Orico Card The Pointは2017年末にJCB CARD Wが現れる前まではAmazonで使う際におすすめできる年会費無料カードの代表格だったのですが、JCB CARD Wが全体的なスペックで上回ってきた形です。

Amazon Mastercard クラシックはAmazonのダンボールの質感もあってAmazonファンには良いですが、Prime会員になってようやく還元率2%、JCB CARD Wと同じなので、それならば他にもお得なポイントアップ店があるJCB CARD Wのほうが優れていると言えるでしょう。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.