初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

ANAカードの特徴とマイルの貯め方

ANAカードの代表的な特徴

ANAカードの特徴としてまず挙げられるのが、JALカードと違って、ポイントをマイルとして受け取るのではなく、それぞれのカードで貯めたポイントをマイルに移行する仕組みになっています。一般会員(クラシック会員)の場合、1ポイントが5マイルになるコース(ポイント移行手数料無料)と1ポイントが10マイルになるコース(移行手数料6000円(税別))が用意されています。その他、ANAゴールド会員の方は1ポイントが10マイルになるコースで移行手数料は無料など、各カード毎に変わってきます。

ANAカードでポイントを貯める場合にはこの1ポイント10マイルのコースにするのが得策です。「え、でも手数料がかかるし・・・」と思われるかもしれませんが、ポイントの移行を2年に1回にすることで手数料は節約することが出来ます。

また、ANAカードには「マイルプラス加盟店」と呼ばれる店舗があり、「クレジットカードのポイントとは別に」、使った額に応じて直接マイルが付与されます。獲得マイルが加算されるだけではなく、このマイルプレス加盟店で貯めたマイルは移行の手間がかからないということです。使用する加盟店によって獲得マイルは変わってきますが、200円=1マイルのケースが多いです(100円=1マイルのところもあり)。

ANAカードマイルプラス加盟店の具体例 

マツモトキヨシ、セブンイレブン、高島屋、大丸、ニッポンレンタカー、などなど

 

ANAカードならインターネットショッピングで楽天かYahoo!ショッピングで買物をすべし

ANAカードにはANAマイレージモールという会員制サイトがあります。普通に楽天のサイトで買物をするのは正門から入るようなもので、ANAカードの利用者はANAマイレージモールという裏口を通って中に入ると、マイルが貯まりやすくなります。

まず、ANAマイレージモールを通過して、楽天、もしくはYahoo!ショッピングで買物をするだけで、200円につき1マイルを貰えます。 

その後、楽天市場で貰えるポイント、楽天スーパーポイントは購入金額の1%なので、200円につき2楽天スーパーポイントです。2楽天スーパーポイントは1マイルと交換することが出来ます。さらにさらに、決済でANAカードを使えば1%、100円で1マイルが貰えるので、200円だと2マイルが貰えます(10マイルコース)。合計すると、

200円で

1マイル(マイレージモール通過をして買物をして貰えるマイル)+1マイル(楽天スーパーポイント分)+2マイル(JALカード利用分)=4マイル

が貰えることになります。

同様に、Yahoo!ショッピングでも、Yahoo!ショッピングで購入金額の1%貰えるポイント、Tポイントが200円で2ポイント貯まり、2Tポイントは1マイルと交換することが出来ます。他は上記、楽天市場のケースと変わらないので、Yahoo!ショッピングでも合計すると

200円で

1マイル(マイレージモール通過をして買物をして貰えるマイル)+1マイル(Tポイント分)+2マイル(JALカード利用分)=4マイル

が貰えることになります。

 

ANAカードはJALカードと違い、ポイントからマイルへ移行の手間がかかるので、マイルを貯めるときには、例えば10マイルコースがお得ということを知らないとマイルを貯めるのが遅くなってしまうことになります。「ANAでマイルを貯めるぞ!」と意気込む前にまずしっかりと公式サイトを見て把握をするようにしましょう。移行の手間がかかる分、やり方次第で多種多様な貯め方が出来るのもANAカードのマイルの特徴です。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.