初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

年会費無料のクレジットカードにはおすすめ出来るものが少ない

年会費が無料のクレジットカードってどうなの?

クレジットカードの一覧を眺めているとたまに「どうしてこんな何のメリットもないクレジットカードを発行したの?」と思わず小首を傾げたくなるようなものに出会うことがあります。そして、そんなカードは殆どが年会費無料です。

普通に考えれば「安かろう悪かろう」が当たり前で、年会費が無料のクレジットカード程サービスの質は悪くなるのですが、巷の雑誌やWEBメディアではクレジットカードになると年会費無料ということがプラス要素として捉えすぎだと感じます。

おすすめできるクレジットカードの総数を比較したら

年会費有料のクレジットカード>>>年会費無料のクレジットカード

という等式になるのは間違いありません。

クレジットカードを作るときには、「年会費無料というお得を得る」のではなく「年会費を代償にサービスの質を妥協する」という考えにシフトしてみるのがおすすめです。特に、1枚であらゆるサービスを網羅するような万能型のクレジットカードを作ろうとした場合にはほぼ確実に年会費無料ではまかないきれません。

近年のキャッシュレス化推進のための国の指示でカード決済の手数料は下がってくるので、そうなるとますます年会費無料では良いサービスは付かなくなります(付けれなくなります)。

 

年会費無料のカード=何か足りない箇所があるカード

「何か足りない箇所があるカード」というのは、具体的には、

  • 還元率がそれなりに高いが(1%以上)、旅行保険が全く付いていないカード(YJカードなど)
  • 旅行保険は多少付いていているが、基本的な還元率が低い(0.5%以下)カード(イオンカードなど)
  • 還元率も良く多少の旅行保険も付いているが、人前で堂々と出すのが少し恥ずかしいと一般的には言われているカード(楽天カードなど)
  • 還元率がとても良い(条件次第では1.5%以上)だが、その還元率が期間限定で付き合い方が難しいカード(ライフカードなど)
  • 特定の実店舗ではお得だが、それ以外のお店では普通以下のカード(某百貨店系クレカなど)

といった具合です。

年会費が無料のカードに還元率からブランド力までの全てを期待しようと思うのは無理難題。いくらカード会社がお店から決済手数料をとったり、顧客囲い込み戦略の一環としてクレカを発行していたとしても、ポイント還元やショッピング保険をつけるので精一杯で、それ以上のサービスを期待されてしまうとさすがに赤字になりかねません。

もちろん年会費が無料でも頑張っていて良いクレカもたくさんあります。ただし、良いカードにしても「何か足りない部分がある」「どこかに裏があるのでは?」と考えるクセを付けて、作るなら弱い所も含めて愛せるカードにしましょう。

 

特に海外旅行保険は付帯していても年会費無料カードでは気休め程度でしかないと知っておこう

年会費無料のクレジットカードで付帯している旅行保険、特に海外旅行保険は、言い方は悪いですが、どれもたかが知れています。そんなたかが知れている旅行保険だけを頼りに海外に行くのはおすすめしません。

海外で怪我をしてしまった際には保険がきかないのでものすごい出費になる可能性がありますが、年会費無料カードでは明らかに心もとないので、別に保険に加入する必要が出てきます。なので、結局、ゴールドカードなどを作って年会費を払ったほうが安く付く、ということもあり得ます。年会費無料カードだと死亡傷害補償で最高2000万円くらいが上限、ゴールドカード以上の年会費有料カードだと最高1億円のカードもあります。

他にも海外で盗難にあった際の保険なども、海外旅行保険には含まれており、当然その内容も年会費無料カードよりも、年会費有料のカードのほうが充実しています。筆者はハワイでiPhoneを盗まれたのですが、カード会社の保険で金額が帰ってきました。これだけで年会費数年分の元が取れています。

なので、海外によく行く方は年会費有料のゴールドカード以上のカードを1枚は持っておくことをおすすめします。

 

年会費無料のクレジットカードはどこから利益を得ているのか、その仕組を知れば冷静になれる

今後のためにも年会費無料でクレジットカードを発行できるからくりを知っておくのも大切です(ちょっと難しいので興味がない方は大体の概要を知っておくだけでOK)。

年会費無料のクレジットカードにかかる手数料の図解

クレジットカード会社はイシュア、お店にカード決済を導入する会社をアクワイアラと言います。

基本的にアクワイアラはお店から決済手数料(買物額の3%くらいが一般的)を取り、それをカード発行会社(イシュア)と分割しますさらに、両者のやり取りを間に入って行うのがVISAやMastercardといった国際ブランドネットワークで、この国際ブランドにも一定の手数料を支払います(国際的に利率(インターチェンジフィー)が定められています)、残ったのがカード発行会社(イシュア)に入ってくる決済手数料です。

年会費無料のクレジットカードは、年会費という固定の利益がないので、利益の多くがこの決済手数料です(他にもキャッシングやリボ払い手数料もありますが、決済手数料が大部分を占める)。

さらに、カード発行会社はこの決済手数料からポイント還元という形でカードユーザーに還元します。各社とも、ポイント還元率で競っていますからギリギリのところでユーザーに還元しています。

↑の図は理解できなくてもOKですが、アクワイアラの取り分やら国際ブランドへの手数料、ポイント還元で、元々あった加盟店手数料はカード発行会社(イシュア)の利益として残りにくい様子だけなんとなく想像してみてください。

この最終的に残った利益でさらにサービスを付帯させるのはかなり難しいですし、創意工夫が必要になってきます。ユーザーが多いカードであればユーザーに還元しても利益が入ってきて、ある程度の追加サービスを付けることも可能ですが、年会費という固定費がない以上、やはりどこかに特化するか、無難なカードに仕上がるという仕組みです。

これが年会費無料のクレジットカードをおすすめ出来る人が限られる理由です。知った上で作りましょう。

 

年会費有料のカードは、予算の分、良いサービスが付いている(ことが多い)

年会費が有料であれば、カード会社も決まった予算を確保出来ている分、出来ることが増えます。↑で説明した旅行保険の他にも、ゴールドカードやプラチナカードに付帯しているコンシェルジュサービスはその代表格。年会費無料のカードでコンシェルジュサービスを期待しても無理です。

年会費が有料(年間数千円程度)になれば、還元率が高く、かつ、旅行保険もある程度のレベルで付いているようなおすすめできるクレジットカードがあります。

注:もちろん年会費が有料でサービスが悪いという最悪なカードも(年会費無料カードに比べれば数は少なくなりますが)存在しています。

たった数千円、月額にしたら数百円支払うだけでサービスや保険が全く変わってくるのであれば、年会費有料のカードを選ぶという選択肢も十分あり得るのではないでしょうか。せっかくクレジットカードを作るのに、最初から「年会費無料=良いこと」と考えて絞り込んでしまうのは少しもったいないと考えます。

大切なのは、年会費が有料のカードのサービスも見て比較検討する、ということです。

 

年会費無料クレカは一芸特化型なので目的を明確にしよう

ここまで年会費無料のクレジットカードはおすすめ出来ないことが多いということを書いてきました。実はそれはちょっと大げさな言い方で(すいません)、ここまで読んでくださったあなたは、あくまでそういうスタンスでクレカを選んだほうが良いという話であることをご理解ください。

↑で「何か足りないところがある」という旨を書きましたが、それは逆に言えば、「何か自分の目的とする機能がついていれば良い」という方にはピッタリだということ。一芸特化型であることこそ、年会費無料カードの特徴の1つです

例えば、「クレジットカードは使えれば良い」という方だったり、「ある程度の還元率があればそれで良い」という方、「とにかく早く発行したい」という方、「特定のサイトや特定の条件でポイントを貯めたい」という方などであれば年会費無料のカードでもオススメ出来るものはたくさんあります。

お笑い芸人でも1芸に特化した人はすぐに飽きられるのと同じように、年会費無料のクレジットカードもすぐに使わなくなる恐れもあるので(例えば楽天カードを作ったけど楽天を使わなくなった、等)選ぶ際はよく考えて選んでみてください。質の高いカードを選んで、かつ、うまく使えば年会費有料のクレカよりもお得に使えます。

 

弱点もあるけど、おすすめ出来る年会費無料のクレジットカード

以下、年会費無料でも作ることをおすすめできるクレジットカードと弱点を紹介。

JCB CARD W

JCB CARD W現在年会費無料カードで最もおすすめしたいのは国際ブランドのJCBが発行しているJCB CARD W。

JCBは↑の図で解説したイシュアであり、加盟店を開拓するアクワイアラであり、かつ、JCBという日本発の国際ブランドも保有している、全てを保有している日本で唯一の会社です。ですから自社が独自に発行するJCBカード(オリジナルシリーズ)では年会費無料でも高い価値をつけることができるというカラクリです。

ここまでお読み頂けた方にならJCBが日本国内ではチート的な存在であることがおわかり頂けるでしょう。

ポイント還元率がどこで使っても1%。さらにポイントアップ店にはAmazonやスターバックスカードへのチャージ、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどがポイントアップ店になっており、Amazonならポイント還元率は2%、スターバックスカードへのチャージならポイント還元率は3%になるといった具合にかなり優秀です。

弱点は年会費無料カードなので、旅行保険の付帯額が少ない(といっても年会費無料カードとしては最高レベルで付帯している)のと、国際ブランドがJCBなので、海外での利用には不安が残るという点。

国内で使うならこれだけで充分だと言えます。旅行保険を付帯させたければ上位カードのゴールドカードになると優れた旅行保険が付きます。

>>JCB CARD Wの詳細はこちら

楽天カード

楽天カード年会費無料のクレジットカードといえばコレといったぐらい知名度も発行枚数も多い楽天カード。自社媒体でお得という仕組みなので、年会費無料でも還元率を高めることが可能になっています。

手に入らないものはないと言える楽天市場で使ってポイントが貯まりやすいので、確かに凄くお得なクレジットカードです。

弱点としては、家で使えばお得なのですが、年会費無料でお得なのであまりにも発行されすぎていて、お店で出すのが少し恥ずかしいこと・・・。それとサポートに対するクレームの多さも少し気になります(発行枚数が多いのでやむを得ないのかもしれませんが)。

>>楽天カードの詳細はこちら

その他の年会費が永年無料でもおすすめできるクレジットカードを知りたい方はこちらのページにまとめてあるので参考にしてみてください。

 

条件次第で年会費が無料になるおすすめクレジットカード

完全無料とまではいかなくても、条件次第で年会費を無料に出来るものまで選択肢の幅を広げると、どこで出しても恥ずかしくない、信頼性が高いクレジットカードも選べるようになります。

年会費が完全無料のクレジットカードはなんか怪しい・・・という鋭い方は(笑)、以下の2枚から選択したら間違いないです。

三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード信頼とセキュリティの高さ、そして海外でも問題なく使えてサポート実績も抜群というクレジットカード界の雄、三井住友VISAカード。

三井住友VISAクラシックカードは年会費初年度無料、次年度から1,250円(税別)です。

明細をWEB明細(郵送で送ってくるのではなく、WEB上で確認するのみにする)など、いくつかの条件を満たせば年会費は完全無料で使うことが出来ます。

信頼性が高く、海外でもポイントが貯まりやすいクレジットカードといえばまずはコレだと言えるでしょう。

>>三井住友VISAクラシックカードの詳細はこちら

ちなみに学生の方はデビュープラスカードという学生ならではの特典がついたカードが用意されていますが、こちらだと年に1回でも利用すれば年会費は無料になります。

>>三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら

JCB一般カード

JCBオリジナルシリーズ

国際ブランドのJCBが自ら発行しているクレジットカードの最もクラシックなカード。↑でご紹介したJCB CARD Wよりもずっと前から発行されていた親のようなカードです。ポイント目当てであれば年会費無料のJCB CARD Wのほうが優秀ですが、海外旅行保険は上記JCB CARD Wよりも付帯します。

JCB CARD W同様に、日本での信頼度は抜群ですが、海外では使えるところが少なくなるので、そこら辺を心配されている方は三井住友VISAのほうがオススメですがこちらも優秀です。

年会費は初年度無料で次年度からは三井住友VISAカードと同じ1,250円ですが、年間50万円以上使えば次の年は年会費が完全無料になります。

>>JCB一般カードの詳細はこちら

 

【プチ補足】還元率が高く年会費無料のカードはすぐに改悪する・・・

これはほぼ確定している傾向です・・・。長年クレジットカードを見ているとこの流れがよくわかります・・・。ユーザーに還元してもすぐに予算が足りなくなって、改悪せざるを得なくなる・・・。

上で軽く紹介した楽天カードとオリコカードザポイントに関しては、楽天カードは自社サービスの利益のために発行しているクレジットカードなので改悪する可能性が少ないですし、オリコカードザポイントは旅行保険など余計なものを削いでいるので少なくともしばらくは改悪はないだろうという理由でご紹介しました。

還元率が高くて年会費が完全無料だったりすると様々なメディアがコゾって紹介するのですが、一時的なブームで終わることが殆どで「作り損」になってしまうので、この傾向は覚えておいたほうがよろしいかと思います。

 

以上、何かの参考になりましたら幸いです。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.