初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

家族カードの作り方(発行するメリット・デメリットなども基礎から解説)

家族カードって何?

家族カードとは?

家族カードとは、本会員(親や夫であることが多い)が持っているクレジットカードの<追加カード>として配偶者、家族向けに発行されるクレジットカードのことです。

家族カードの解説図

家族カードは通常、本会員のカードよりも年会費が安く、本会員のカードと同様のサービスが使えます。支払いに利用するのはもちろん、カードに付帯した割引特典やラウンジ特典が利用できます。

利用した分は、本会員のクレジットカード利用料金が引き落とされるのと同じ口座からまとめて引き落とされます。

家族カードはそれぞれに利用限度額が設定されているわけではありません。あくまで本会員のクレジットカードの利用限度額内で一緒に分け合う形です。

家族カードの利用限度額の解説図

たまにドラマやアニメなどで「お父さんのクレジットカード持ってきちゃった(てへっ)」と言っているような場面を見かけますが、クレジットカードはたとえ家族であろうが裏面にサインを書いた本人以外が利用することは禁止されています。なので、家族に同様のカードを渡すなら家族カードを追加で発行しましょう。

家族カードが発行できる「家族」とはどこまでを指すの?

家族カードを発行できる「家族」の定義はカード会社によって若干異なってきます。

本会員の妻(旦那)、すなわち配偶者は発行可能。本会員の子供も18歳以上なら発行可能。ごく一部のカードでは2世帯での同居を必須条件としているところもあるのですが、本会員の両親も概ね発行可能。

兄弟、姉妹に関しては、発行が可能なカードもありますが(数は少ないですし、条件が同居のことが多い)、事前に電話でチェックをする必要が出てきます。祖父、祖母に関しても同様です(家族以上に数は少ないと思ったほうが良いかも)。

当たり前ですが、同棲している恋人や友人は発行不可です。

家族カードの作り方・申し込み方法

家族カードはクレジットカードの申し込み時に申し込むか、カード作成後に、会員ページから追加で申し込むことが可能です。

作ることが出来るのは(申し込むことが出来るのは)カードの本会員のみです。

例えば、アメリカン・エキスプレス・カードの家族カードの注意事項は以下のようになっています。

  • お手元に現在お持ちのカード番号をご用意のうえ、お申し込み項目はすべて基本カード会員ご本人様がご入力ください。
  • お申し込み項目はすべて基本カード会員ご本人様がご入力ください。
  • 家族カードの申し込み資格は、18歳以上で、配偶者・ご両親・ご子息・ご令嬢等であることに限らせていただきます。
  • 基本カード会員様は、家族カードお申込者様のお名前、生年月日、性別、続柄等をインターネットを通して送信することを、家族カードお申込者様から事前に承諾を得たうえでお申し込みください。

家族が勝手に「お父さんのカードの家族カード作るねー!」といって作ることは出来ません。逆も然りで、カードの分散のために家族の了承を得ないで作ることも禁止されています。

カード会員本人であれば、家族の姓名など簡単な情報を入力するだけで簡単に申し込みは完了します(結局利用分の請求はカード利用者本人に来るので、細かい情報の入力は必要ないことが多い)。

発行日数はカードによって異なります。クレジットカードと一緒に申し込んだ場合、家族カードのほうが遅れて到着するケースが多いです。

家族カードの審査基準

家族カードは発行される家族が審査されるわけではなく、本会員の信用情報に基づいて発行されます。

既に本会員にはクレジットカードが発行されているわけですから、18歳以上などの最低限の条件さえ満たしていれば、審査は殆ど行われずに(比較的容易に)発行されます。発行されないのは、過去に破産などの経験がある場合、本会員の支払いが滞っているなどの場合、もしくは、既に複数枚発行していて、利用限度額内に収まりそうもないときくらいで、1、2枚で審査落ちをしたという話は聞いたことがありません。

この家族カードならお子様や専業主婦でクレジットカードが作りにくい奥様でもクレジットカードを持つことが出来ます。

家族カードを作るメリット

家族カードを作るメリットは以下の通り。

  • 本会員のクレジットカードのサービスが使える。
  • 特にゴールド以上のカードのサービスが格安で(無料で)使える。
  • 家族みんなが使えばポイントが貯まりやすい。
  • 定期的な収入がない専業主婦の方でも作れる。
  • 学生でも家族カードならゴールド以上のカードを保有することが出来る。

家族カードはとにかく年会費が安いです。年会費が5万円のクレジットカードの家族カードも年会費は1枚目は無料だったり、2枚目以降も3,000円ほどだったりすることも多々あります。それでいて、5万円のクレジットカードと同等のサービスが受けられるのですからご家族にもたせて損はありません。

カード会社にしても、自社発行のクレジットカードを限度額一杯使ってもらえるので、喜んで発行してくれます。

学生の方は学生専用カードが発行されているのでそちらも作れるのですが、専業主婦の方だと<買い物額は高めなのに安定した収入がないからランクの高いカードは作れない>ということが多いので家族カードは便利です。

また、学生はゴールドカード以上は基本的に作れないので空港ラウンジは普通は無料では使えないのですが、空港ラウンジが使えるゴールドカード以上のクレジットカードの家族カードを持たせることで、学生でも空港ラウンジが使えるようになります。

家族カードを作るデメリット

家族カードを作るデメリットは以下の通り。

  • 利用履歴が本会員に筒抜けになる(プライベートがない)。
  • 本人のクレヒスが貯まらない。

家族カードは使った分だけ本会員に請求が行くので、当然ながら明細も全て本会員には筒抜けになります。本会員の立場からすれば「家族だからOKじゃん?」という意見もあるとは思いますが、特にお子様はプライベートを持ちたい方も多いと思いますので、子供の家族カードを作る際にはその点も考慮して学生カードを作ることを許可してあげても良いでしょう。

また、家族カードは利用履歴が本人名義では残らないので、クレヒスが貯まりません。なので将来的に新しくカードを作りたくなった際に、ステータスが高めのカードだと作りにくくなってしまう可能性があります。

家族カードの具体例

家族カードは本会員のクレジットカードがハイステータスであればサービスの一環として年会費が無料であることが多いです。

いくつかハイステータスなクレジットカードを中心に家族カードの実例を見てみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(家族カードも合わせてコスパを狙いたい)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

本会員の年会費29,000円(税別)
家族カードの年会費1枚目無料、2枚目以降1枚12,000円(税別)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、世界各国の空港ラウンジのプライオリティ・パスが利用可能(うち年2回無料)、海外旅行保険が最高1億円付いていたり、提携レストランに2人以上でいったら1名無料になるといった豪華な付帯サービスが付いたステータスカードの代表格的な存在です。

そんなアメックスゴールドカードは家族カードでもそれらの付帯サービスを全て利用できます。さらに1枚目は年会費無料で発行可能なのが嬉しいポイント。家族にも充実した保険やサービスを付けたい方には特におすすめです。

ちなみに、ランクが下の年会費12,000円のアメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)も家族カードは発行可能ですが、1枚目も有料で6,000円(税別)がかかります。もちろんサービスもゴールドカードよりだいぶ劣ります。

なので、もしも家族カードを作られるのであれば、年会費12,000円(本会員)+6,000円(家族カード)=18,000円のグリーンカードと比較して、ゴールドカードの29,000円(本会員)+0(家族カード)=29,000円(税別)を選ぶのは(それでも当然ゴールドカードのほうが高いですが)コスパが高い選択肢だと言えるでしょう。

>>アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細はこちら

三井住友VISAゴールドカード(家族の財布の中に入れておきたい安心感のあるカード)

三井住友VISAゴールドカード

本会員の年会費10,000円(税別)条件次第で割引あり
家族カードの年会費1枚目無料、2枚目以降1枚1,000円(税別)

三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードでどこで出しても恥ずかしくない信頼性の高いクレジットカードです。派手なサービスが付帯しているわけではないですが、家族の財布の中に入れておくと安心の1枚だと言えるでしょう。三井住友カードは不正利用などにも強いので、お子様に渡すのにも適していると言えるのではないでしょうか。

そんな三井住友VISAゴールドカードもアメックスゴールド同様に1枚目は年会費が無料で発行できます。

>>三井住友VISAゴールドカードの詳細はこちら

dカードゴールド(家族もケータイ補償が10万円付く&ポイントが貯まりやすい)

dカード ゴールド

本会員の年会費10,000円(税別)条件次第で割引あり
家族カードの年会費1枚目無料、2枚目以降1枚1,000円(税別)最大3枚

dカードゴールドはDocomoのケータイ料金やインターネット料金で10%分のポイントが貯まるクレジットカードですから、家族もDocomoならこれで支払うのがおすすめ。年会費が1枚目は無料なのに、dポイントクラブのゴールドステージへの優待も付いていたり、本会員と同様にケータイの10万円分の補償などのサービスが付帯しているので、家族もDocomoユーザーなら発行しないと損だと言えるでしょう。

さらに、dカードはローソンで使えば3%オフ(+ポイント優待)になるので、近くにローソンがあるのであれば家族カードを発行しておきたいところ。ポイント還元率はどこで使っても1%(+ローソンなどで優待)と高いので家族分もまとめるとかなりポイントが貯めやすいカードです。

家族カードのまとめ

ということで家族カードの概要と家族カードは、利用限度額も高く、付帯サービスが充実していてコスパも高くなるため、基本的にゴールドカード以上のクレジットカードで発行するのがおすすめですが、当然一般カードでも多くのクレジットカードで発行するのもありだと思います。例えば、本会員が普段殆ど利用しないような一般カードで家族カードを発行して家族に持たせれば利用限度額に困ることは殆どないでしょう(ただその場合、管理が煩雑になる恐れあり)。

より上位のプラチナカード以上のクレジットカードで家族カードを発行すれば、家族にコンシェルジュサービスを使わせることも出来ます。

とにもかくにも、ご自身と家族の支出や利用目的をきちんと把握して、家庭の形に合ったクレジットカードで家族カードを作りましょう。また、家族カードを発行した以上、その支払責任は本会員にある点にはくれぐれもご留意ください。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.