初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

海外旅行保険・国内旅行保険について

旅行保険トップ

 

旅行保険はクレジットカードを選ぶ際の大きな判断基準の1つ。旅行中に遭遇してしまった事故に対してかけられる保険のことです。

大きく分けると「海外旅行保険」と「国内旅行保険」の2種類に分けられ、さらに、それぞれを保険の掛けられ方の違いで「自動付帯」と「利用付帯」に分類することが出来ます。

旅行保険の解説図

  • 自動付帯・・・クレジットカードを持っている状態で旅行に行けば保険が自動的に適用される。
  • 利用付帯・・・カード会社が定めた旅行の代金、もしくはその一部をカード払いをすることで保険が適用される。

補償の内容はクレジットカード毎に違ってきます。国内旅行保険だけがついているカード、海外旅行保険だけがついているカード、両方付いているカード、海外旅行保険だけが自動付帯ではなく利用付帯になっているカードなどなどパターンは幾通りもあります。最初のうちは上記画像の分類があるということだけでも把握をしておきましょう。

年会費が無料のカードだと海外旅行保険までついているもの、特に自動付帯のものはほとんどなく(いくつかは存在はするのですが・・・(後述))、年会費が有料のカードやゴールド、プラチナとランクがアップすると、補償料金の金額の「桁」が変わってきます。具体的には、一般カードだと補償料金は合計500万円から2000万円、ゴールドやプラチナカードだと5000万円から1億円ほどです(目安)。

 

国内・海外旅行の補償内容の内訳・詳細

上記で示したような国内旅行保険or海外旅行保険、自動付帯or利用付帯、というのは補償の「概要」をざっくりと解説したものです。保険の中身はより細かく分類されています。

そして、下の表をご覧いただければわかるように、海外旅行と国内旅行では、クレジットカードの保険でカバーすることが出来る範囲が異なっています。大抵の海外旅行保険は旅行中のトラブルを広くカバーしてくれるのですが、国内旅行に関しては公共機関での移動中や、代理店が主催したツアーなどへの参加中のトラブル、宿泊施設の火災や爆発などかなり限られてくるのでご注意を(国内旅行のトラブルをクレジットカード持っている人、全員分カバーしようと思ったら大変なことになるので、しょうがないです・・・)。

補償内容海外旅行保険国内旅行保険
傷害による死亡・後遺障害
疾病の治療・入院費用
賠償責任の際の費用
救援者の費用
携行品の事故・盗難
航空便遅延時の費用
家族特約制度

補償内容解説

  • 傷害による死亡・後遺障害・・・旅行中に事故でケガを負って、死亡したとき、傷害が残ってしまったときに受け取る保険。
  • 疾病の治療・入院費用・・・旅行の最中に発病し、もしくはその原因となる何かが発生し、定められた一定期間内に医師の診断を受けた時に受けることが出来る保険。診療費、入院費、手術費など。
  • 賠償責任の際の費用・・・海外旅行で損害賠償を請求されてしまった際に受けられる保険(怪我をさせてしまったり、他人のものを壊してしまったり)。死亡補償額よりも高く設定されていることも多々あることから、海外旅行では軽視すべきではない保険であることを察して頂けましたら幸い。
  • 救援者の費用・・・カードを保有している人物が死亡、行方不明などの事態に陥ってしまった際に、親族を始めとした救援者の現地滞在費用や輸送費用、捜索費用などを出してもらえる保険。
  • 携行品の事故・盗難・・・海外旅行に持っていったものが盗まれたり、壊されたりするなどしてしまった際に受けられる補償。対象外となる商品(現金など)も結構あるので保険を適用する際には注意が必要。
  • 航空便遅延時の費用・・・航空便それ自体、もしくは手荷物が定められた時間以上遅れてしまった際に、代わりの便を用意したり、宿泊施設の費用などを補ってくれる補償。かなり便利であれば安心だけど、付いているカードはかなりハイステータスなカードであることが多い。
  • 家族特約制度・・・旅行保険がクレカ保有者の家族まで範囲を広げるか否かの特約。例えば、救援者の費用も、家族特約制度が適応されていれば、「カード保有者の家族」に万が一のことがあった場合にも補償を受けることが出来る。ただしその額は保有者よりは低いと思っておいたほうが良いでしょう。

 

旅行保険で知っておくべきポイント・勘違いが多いポイント

旅行保険チェック上の表はあくまで「一般的に」国内旅行保険と海外旅行保険では補償の内容やカバーしている範囲が異なっていることをわかってもらうためのものです。「◯」が付いていても、実際はカードによって違うので(ex死亡保障は1000万付いているが、携行品の事故・盗難はなし、といった具合)全部付いていて当たり前、といった勘違いはなさらないようにしてください。

一言に旅行保険といっても組み合わせは千差万別です。何が起こるかわからない旅行だからこそ、全てを、高い補償額でカバーしておきたいと思うのが人情というものでしょうがそう上手くはいきません。全てを欲張りたければカードのランクを上げるしかないのです。

例えば、「航空便遅延時の費用」はランクの高いゴールドカードでもついていないものが多いほどレアなので、クレジットカードについている保険としてはあまり期待しないほうがよいです。全てを幅広くカバーするよりも、本当に必要な保険にだけは確実に加入できるような、保険付帯のカード(できれば自動付帯のもの)を選ぶことが大切です。

次に、クレジットカードの公式HPで、「海外旅行保険2,000万円(自動)」という表記がされていたとしたら、「海外旅行に行った場合、カードを保有していれば自動的に適応され、傷害によって死亡した際に支払われる補償が最大2000万円」という意味であることが多いので、読み取れるようにしておきましょう。その他の「疾病治療保険」などがおまけ扱いでHPに記載されていないことも多いのは決して隠しているというわけではなく、保険のメインとなるもの(支払額が大きいもの)が大抵のカードで傷害によって死亡した際の補償なので、それを一番に押し出しているというだけのことです。

最後に、複数の保険付帯カードを保有している場合、保険が適応されるのは、もっとも補償額が高い1枚のもの「のみ」ということも知っておいてください。たまにコレを知らずに、ガムシャラにクレジットカードを作り、「保険付帯のカードをたくさん持っているから、海外旅行に行っても怖いものなーし!!」と胸を張る人がいらっしゃるのですが、真実を教えてあげると途端に小動物になってしまいます・・・。

 

旅行保険が充実しているクレジットカードの見極め方

クレジットカードに付帯している旅行保険は通常、一般カード(ゴールドやプラチナじゃないカード)、年会費無料、数千円レベルだと、付帯額に限界があります。一般カードだと最高2000万円が付帯してればかなり優秀なカードです。付いていないよりは良いですし、ありがたいのですが、これだと心もとないので別途旅行会社などの保険に加入する必要が出てきます。なので、できれば充実した旅行保険を付帯させたいのであればゴールドランク以上のカードは1枚は欲しいところです(学生の方は基本ゴールドカードが作れないので別途旅行保険に入りましょう)。

それと、もう1点、クレジットカードに旅行保険が充実しているか見極めるポイントがあります。それは航空機遅延の際の費用を負担してくれる保険がついているかどうかです。

飛行機が遅延した際の食事代や宿泊代、着替えの代金を払ってくれるような保険が付帯しているクレジットカードは、海外旅行保険がかなり充実しているクレジットカードです。怪我や盗難よりも飛行機が遅延してしまうというハプニングに合うほうが可能性が高い(利用頻度が高い)のでこれらの保険がしっかりと付帯しているカードは安心できます。飛行機が遅れていたら即効でカード会社に連絡しましょう。

 

オススメの海外旅行保険が付帯しているカード

上記の旅行保険が充実しているクレジットカードの見極め方の観点から旅行保険が充実しているクレジットカードをご紹介します。

JCBゴールドカード

JCBゴールド

JCBゴールドカードは年会費1万円のゴールドカードで、海外旅行保険が最高1億円(自動付帯分が5000万円、利用付帯分が5000万円)、国内旅行保険が5000万円と高いレベルで付帯しています。

通常ゴールドカードは海外旅行保険が最高5000万円のものが多いですから、このJCBゴールドカードはかなり優秀です。さらに、家族特約といって、19歳以下のお子様の分の旅行保険も付帯しています。家族カードも1人目は無料(2人目以降1,000円)で発行できて同額の保険が付帯します。

年間1万円でこのレベルの保険に付帯出来ると考えればかなりコスパが高いです。

航空機遅延の際の保険も各種完備していて、ゴールドカードの中でもこのレベルで旅行保険が付いているカードは知りません(ほぼプラチナカードで年会費が29,000円

(税抜)のAMEXゴールドと同等)。

>>JCBゴールドカードの詳細はこちら

 

クレジットカードについてまだよく知らなかったという方は「クレジットカードってこんな優れた保険が付いているんだ!」と驚いた方も多いのではないでしょうか。せっかくクレジットカードを保有するのだから、「支払いの安心」と一緒に、旅の「心の安心」も一緒に持ちましょう!

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.