初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

ETCカードで貯まるポイント

ETCカードで貯まるポイント

ETCカードでは2種類のポイントが貯まります。

  • NEXCO東日本、中日本、西日本と阪神高速、本四高速が連携して作っているETCマイレージというポイント
  • ETCカードを発行しているクレジットカードのポイント

です。

ETCマイレージはクレジットカードのポイントとは別に貯まるポイント(ETCを使った人限定のポイント)で、カードの種類によってポイント還元率が左右されることはありません。

ETCマイレージを貯める

ETCマイレージを貯めるためにはETCマイレージの公式HPからお持ちのETCカードを登録する必要があります。登録料や年会費などは一切かかりません。

ETCマイレージ公式サイト

公式HPがものすっごくダサいため、申し込むことを躊躇した人も多いともっぱらの噂ですが(当サイト調べ)、運営元は日本を代表する高速道路会社各社なので安心して登録して大丈夫です。

ETCマイレージに申し込むために必要なもの

ETCマイレージに申し込むためには、申込時にETCカードが既に手元にある必要があります。まだお作りになっていない方はお持ちのクレジットカードと連携したETCカードを作ってからでないと申し込めないのでご注意ください。

また、申し込む際にETC車載器番号も入力しなければいけませんので、あらかじめ車載器も設置してある必要があります。車載器本体に張ってあるシールから確認するか、セットアップ時に発行される申込書・証明書から確認をしておきましょう。

ETCマイレージ申込画面

インターネットからの申し込みがオススメ

申し込み方法にはインターネットから申し込む方法と、郵送で申し込む方法の2種類がありますが、当サイトをご覧になってくださっている方ならインターネットから申し込むのが断然オススメです。

インターネットでの申し込みなら申し込んだ当日からポイント付与対象となりますし、郵送にかかる切手代を節約できます。

入力項目は、ETCカード番号、車載器番号の他に、お名前、住所、生年月日、自動ポイント還元の有無、ポイント残高のお知らせメールの有無、お知らせメールの有無など、ETCカード番号と車載器番号が用意出来ていれば簡単です。

オンラインでログインするためのIDとパスワードは2−3週間後に郵送で送られてきます。

ETCマイレージのポイント還元率

ETCマイレージのポイント還元率は使用する高速道路によって変わってきます。

  • 東日本、中日本、西日本高速道路の管轄している高速・・・10円につき1ポイント
  • 本州四国連絡高速道路の管轄している高速・・・10円につき1ポイント
  • 阪神高速道路の管轄している高速・・・100円につき3ポイント+月間利用額に応じたボーナスポイント
  • 名古屋高速道路公社の管轄している高速・・・100円につき1ポイント+月間利用額に応じたボーナスポイント
  • 福岡北九州高速道路公社の管轄している高速・・・100円につき1ポイント+月間利用額に応じたボーナスポイント
  • 宮城県道路公社の管轄している高速・・・10円につき1ポイント

etc…

上記の通り、NEXCO管轄の高速だと概ね10円につき1ポイント(=1円分)大体還元率は10%。

それ以外は、よくお使いの高速でどのくらいのポイントが貯まるのかは確認してみてください。ややこしいので統一して欲しいところですが、やむを得ないのでしょうね・・・。

溜まったマイレージポイントは1ポイント1円でETC利用料金から引かれる形で実質キャッシュバックとして利用出来ます。

申し込みの際に「ポイント自動還元サービスを利用する」にチェックをしておくと使い逃しがないので便利です。

クレジットカードのポイントを貯める

ETCカードを利用すれば親カードであるクレジットカードのポイントが貯まります。例えば三井住友VISAカードに付帯しているETCカードを発行した場合、ETCカードを利用して貯まるポイントは親カードと同じワールドプレゼントポイントです。

ポイント還元率も殆どのカードが親カードのクレジットカードの通常ポイントと同じ還元率だと考えてよいでしょう。

ETCカードが追加発行できるようなクレジットカードなら殆どETCカード利用でポイントが付きますが、ごくごく一部のカードではETC利用でポイント付与対象外となっているカードもありますのでご注意ください。

追加発行したETCカードで別途設定をする必要はありません。車載器に入れて使えば自動的に使用分だけポイントが貯まります。

ETCカード利用でポイントが貯まりやすいクレジットカードはあるの?

ETCカードを発行することで特別ポイントが貯まりやすいカードはありません(ETC利用がポイントアップ店扱いになっているようなカードはない)。

たまにしか使わない方ならポイントの貯まりやすさよりもETCカードの発行手数料・年会費が無料のクレカを選ぶのがオススメです。

ETCカードで貯まるポイントまとめ

ETCカードでポイントを貯めようと思った場合、まず考えるべきなのがどのクレジットカードを選ぶかですが、上記の通り、まずは「年会費がかかってマイナスにならないようにする」ことを念頭に置きましょう。もしもETCカードの年会費が500円かかるようなら、元を取るためには還元率が1%のクレジットカードの場合50,000円分も高速道路を使う必要があります。

なので、オススメは如何にポイントが高いカードでもETCカードの年会費が有料ならそのクレカでETCカードを追加発行せずに、本カードもETCカードも年会費が無料のカードを「別に」発行することです。ポイントを貯めようと思ってマイナスになってしまったら元も子もありません。

高速道路を頻繁に使う方なら年会費が有料でも高還元率のクレジットカードを作っても良いかもしれませんが、多くの場合、貯めるポイントは還元率が10%のETCマイレージに絞って、発行するETCカードでは徹底的に無料にこだわる(マイナスにならないようにする)のが正解です。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.