初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

WAON(プリペイド型電子マネー)について

イオングループでお得になる犬の鳴き声が目印のプリペイド型電子マネー

waonWaonはイオンが発行している電子マネーになります。かわいい犬の絵とイオングループのマークが目印です。なんといっても特徴的なのが決済のときの犬の鳴き声。Suicaなどの「ピッ」という音と違って、「ワオン!」と勢い良く犬の鳴き声が聞こえます。なんかイオングループのお店やミニストップでワオンワオン言ってる、と思ったことがある方も多いかと思います。

利用をするときには200円の決済でWAONポイントが1ポイントたまります。たまったWAONポイントは100ポイント=100円のWAON(電子マネー)に変えることができます。

クレジットカード払いでWAONにチャージするにはどうしたらいいの?

クレジットカードからチャージ(入金)ができるカードは、WAON一体型のイオンカード、三井住友カード、そしてJALカードなどです。

クレジットカード払いでチャージをするためには、イオンに設置されているWAONチャージャー、WAONステーチョン(青い機械で比較的わかりやすいと思いますがどちらも店員さんに確認したらすぐに教えてくれると思います)で可能です。店舗レジでのクレジットカード払いのチャージは出来ないので注意をしましょう。

その他WAONへのチャージ方法

その他、現金などでチャージをする場合にはWAON加盟店のレジで1000円単位で店員さんに「チャージをお願いします」といえば可能です。特にミニストップのレジでもチャージをすることができるので利用している人は多いです(クレジットカードでのチャージは不可)。

「チャージをお願いします」→現金でお支払い(1,000円単位)→(店員さんがタッチをしてくださいというので)カード読み取り機にWAONをタッチ→「ワオン!」と鳴けばチャージ完了!

また、レジ以外ではWAONチャージャー、あとはイオン銀行のATMなどでも現金チャージをすることができます。

WAONの「上手な」使い方(WAON電子マネーをチャージをした方)

お持ちのWAONにお金をチャージしたなら、あとは使い方です。レジで「WAON(ワオン)でお願いします」とカードを見せて言えばすぐにわかってもらえるのですが、問題は「どのお店で使うのか」ということです。

ワオンはイオングループが発行しているカード。なので当然、WAONを使うことで優待を受けることができるのはイオングループのお店です。それと、意外と知られていない?のがミニストップです。

イオングループでは毎月5日、15日、25日のポイント2倍(通常200円で1ポイントが100円で1ポイントに)や20日、30日の5%オフを始めとしてWAON(及び提携クレジットカード)向けのキャンペーンを行っているので、お近くにイオングループのお店がある方ならまずここでポイントを貯めましょう!ミニストップもWAONのボーナスポイントキャンペーン、ボーナスポイントがもらえる商品を多数取り扱い、などなど積極的にピックアップしているのでお近くにある方は要チェック&積極的にWAONでお支払いです。

その他にもマクドナルドなど(ボーナスポイントを考えなければ)、多数の店舗で使うことができます。

貯まったWAONポイントをWAON(電子マネー)に変えるには

WAONを使って、貯まったWAONポイントを使い方は大きく分けて2つあります。

  1. 電子マネーに変える
  2. 他のポイントに変える

1の電子マネーに変えるためには、各種イオングループのお店に設置されているWAONステーション、ファミリーマートに設置されているFamiポートという機械、ミニストップのレジ、アンドロイドのスマートフォンをお持ちの方はモバイルWAONなどで変換可能です。

WAONステーションやFamiポートの場合、機械の案内に沿って行えば、現在たまっているポイントがわかり、100ポイント→100円の電子マネーという比率でかなり簡単に交換が可能です。ミニストップの場合はレジで「ポイントチャージ(ポイントを電子マネーに変えること)をお願いします」といえば同様に100ポイント100円単位で変換をすることができます。お好みの方法を選びましょう。

そして、WAON(電子マネー)に交換したら再びイオングループやミニストップで活用していく、というサイクルが良いと思います。

2の他のポイントに変える場合はおまけ程度にご紹介しておきます。こちらは個人的にはおすすめしません。なぜならWAONポイントはSuicaポイントと相互交換をすることができるのですが、そのレートは100WAONポイント→90Suicaポイントだからです。1WAONポイント=1円相当、1Suicaポイント=1円相当(電子マネーSuicaにした場合)なので、単純に損をすることになってしまいます。

貯まったWAONポイントはWAON(電子マネー)に変えて、そのままイオンやミニストップなどで活用したほうがお得です。

WAONの作り方・申し込み方法

WAONを作る場合、WAON機能だけのカード、もしくは、WAONとクレジットカードが一体になったカード、の2種類があります。

WAON機能だけのカードは基本的にイオンなどの店頭に行って申込書をもらって作る形。ただし発行料には300円がかかります。

当サイトでWAONを貯めたい方向けに一番オススメなのは、WAONとクレジットカードが一体になったカード、中でもイオンが発行しているイオンカードセレクトを作るのが一番のおすすめです。支払いのときにピッ(いや、ワオン!)とWAONとしても使えますし、クレジットカードとしての機能も万全ですし、こちらなら年会費も発行手数料も完全に無料です。

WAONがザクザク貯まる、イオンカードセレクトとは?

イオンカードセレクトこのイオンカードセレクトの何よりの魅力は、チャージをするときにもポイントが貯まる唯一のイオンカードだということです。チャージをすることができるクレジットカードはたくさんありますし、イオンカードもたくさんの種類がありますが、現在のところWAONにチャージをするときにもポイントがつくのはイオンカードセレクトだけです。

これってすごいことです。WAON(電子マネー)に入金をするときに(オートチャージといって設定額以下になったら自動的にWAONに入金される)200円につき1ポイントがたまり、さらに、WAONで支払ったときにも200円につき1ポイント貯まるポイント2重取りなので、使った時にしかたまらない通常のWAONカードと比べるとポイントが2倍です。

クレジットカード払いに活用するカードというよりは、このイオンカードセレクトの中に入っているWAONの機能を最大限に使うカードですので、イオングループやミニストップだけで使うサブカードとして持っておくのもあり◎その他にもメリットがたくさんあるので、お近くにイオンやミニストップがある方、WAONポイントを貯めたい方はぜひとも作っておいたほうが良いカードですよ!

>>イオンカードセレクトの詳細はこちら

WAONはどんどんと使える店舗が拡大している電子マネーなので、メインとなる店舗(イオングループなど)がある方はぜひ作ることをご検討になってみてください。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.