初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

QUICPay(ポストペイ型/プリペイド型)について

QUICPayって何?

QUICPayQUICPayは日本が世界に誇る国際ブランドであるJCBが発行している電子マネー。

支払うときには店頭で、QUICPayで、と伝えて付帯しているクレジットカードや、おサイフケータイ、Apple Pay対応のiPhoneなどをかざせばOK。クイックペイ!というそのまんまの決済音が鳴ったら決済完了です。

QUICPayには進化版がある

QUICPayには、QUICPayとQUICPay+という2種類があります。

  • QUICPayはクレジットカードと紐付けられたもので、1回あたりの決済の上限は2万円までです。
  • QUICPay+はクレジットカードの他にデビットカードやプリペイドカードにも紐付けることが出来て、1回あたりの決済の上限は2万円以上も可(カードの限度額に準ずる、もしくは店舗で指定されている金額)となっています。

QUICPayが新型QUICPayだと思っておけば大丈夫です。既存のQUICPay加盟店もどんどんQUICPay+になってきています。

ポストペイ型のQUICPay

QUICPayは電子マネーのiDと同様に基本的にはポストペイ型と呼ばれる電子マネーです。

基本的にはクレジットカードと紐付けられていて、利用した分はクレジットカードの利用料金として請求されます(※)。よって、SuicaやPASMO、nanacoやWAONなどのようにチャージの必要は一切必要ありません。

※一部例外あり(後述)

ポストペイ型のQUICPayの種類

ポストペイ型のQUICPayはクレジットカードに付帯しているタイプ、おサイフケータイでクレジットカードを登録して使うタイプ、Apple Payにクレジットカードを登録して付与されたタイプ、nanacoに付帯したものなどが挙げられます。いずれにせよ、クレジットカードと紐付けられているのがポストペイ型のQUICPayです。

JCBカードやオリコカード・ザ・ポイントといったクレジットカードはQUICPayが一体化しており、クレジットカードをかざせばQUICPayでの決済が可能です。クレジットカード払いで良いじゃん?と思われるかもしれませんが、いちいちクレジットカードを店員に渡さなくても良いというメリットがあります。

おサイフケータイのQUICPayにはAmerican Expressカードや楽天カード、エポスカード、クレディセゾン発行のクレジットカードなど数多くのクレジットカードが登録可能です(メジャーどころのクレジットカードならほぼ登録可能だと思って良いでしょう)。ただし、カードにiDが付与している三井住友カードなどは登録不可です(オリコカードは例外でiDとQUICPayの両方で利用可能)。クレジットカードの公式サイトなどからQUICPayに申し込んで、発行された番号をおサイフケータイに登録していきましょう。

Apple PayにはJCBカードやOricoカード、ビューカード、セゾンカード、楽天カードなどを登録するとQUICPayが付与されます。

Apple PayでJCBカードにQUICPay+が付与されている画面

他にもエッソなどのガソリンスタンドでお得なキーホルダータイプなども発行されています。

プリペイド型のQUICPay

以前はクレジットカードと一緒に請求されるだけだったQUICPayですが、現在ではチャージをして使うプリペイド型としても使えます。

このプリペイド式のQUICPay+が始まったのは2017年の7月にauWALLETがApple Payに登録可能になったのが最初です。

プリペイド型のQUICPayの種類

auWALLETをApple Payに登録した祭には下記画像のようにQUICPay+が付与されますが、auWALLETはプリペイド式でチャージをしなければ使えません。なので、チャージ残高がない状態でQUICPay払いをしても、決済出来ないのでご注意ください。

Apple PayでauWALLETにQUICPay+が付与されている画面

今後も多くのプリペイドカードやデビットカードなどにプリペイド型として対応していくものと思われます。

QUICPayが使える場所

セブンやローソン、ファミマなど主要なコンビニでは全て使えますし、イオンやヨーカドー、マツキヨやウェルシア薬局などのドラッグストア、かっぱ寿司、CoCo壱番屋、すき家などなど・・・数多くの場所で使えます。

QUICPayのまとめ

QUICPayは正直、Apple Payが登場するまでは使える場所もそこまで多くなく、使っている人もそこまで多くない電子マネーでした。ですが、Apple Payの登場以降、使える場所も増えましたし、Apple PayではiDよりも付与されるクレジットカードが多いので利用者も急増しています。

今後、数多くのプリペイドカードやデビットカードに対応していくことでますます利便性を増すことでしょう。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.