初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

NFC Pay(EMV Contactless)について

NFC Pay

NFC Payとは日本では、VISAのタッチ決済(Visa payWave(ビザペイウェーブ))、JCB Contactless(ジェイシービーコンタクトレス)、American Express Contactless(アメリカンエキスプレスコンタクトレス)、MasterCard Contactless(マスターカードコンタクトレス)などの総称です(EMV Contactlessとも呼ばれます)。他にも銀聯のQuickPassなどがありますがここでは省略します。

NFC Payは非接触決済技術で、対応している端末にかざすだけで決済が完了します。

使い勝手だけなら日本でいうところのQUICPay、iDに近い形の電子マネーと考えてもらってOKです(わからなくても↓で解説しますのでご安心ください)。

NFC Pay(EMV Contactless)は国際標準の電子マネー

日本で日常的に使われている電子マネーも大雑把な括りではNFCです。NFCとはNear Field Communicationの略称で、近距離決済、非接触決済全般を指します。

ただ、NFCの中にも種類があって、その中のFelicaというのが日本のSonyが開発した独自規格で、楽天Edy、nanaco、WAONなど日本の電子マネーはこのFelicaが採用されています。FelicaはNFC Payとは呼ばれずそのままFelicaと呼ばれることが多いです(当記事でもそう呼称します)。

一方で、ここで解説するVisaのタッチ決済(旧Visa Paywave)などのNFC Payとはアメリカやオーストラリア、ヨーロッパなどで使われているNFC(TypeA/B)という海外標準規格の電子マネーになります。海外で電子マネーといえばこのNFC(TypeA/B)のことです。

日本だけ特殊なのでガラパゴスと表現されていて、iPhoneは日本でApple Payを導入するためにわざわざFelicaを組み込みましたが、海外ではApple PayでもNFC(TypeA/B)で決済されます。

訪日外国人の方は日本に来た際にわざわざ日本のFelicaの電子マネーを購入しなければいけませんが、このNFC Payを導入しているお店なら手持ちのiPhoneなどで使えます。

NFC Pay(EMV Contactless)を提供しているのは誰?

NFC Payは基本的にVISA、MasterCard、American Express、JCBといった国際ブランドが提供しているサービスです。

クレジットカードやデビットカードと紐付いていて、使った分はそのカードの利用料金に紐付けられて請求されます。

NFC Payの種類と利用できるカード・環境

各国際ブランドのNFC Payと利用するためのカードを見てみましょう。

VISAのタッチ決済(旧Visa Paywave)

VISAのタッチ決済はVISAの非接触技術。

以前はVisa payWaveという名前でしたが基本的にメディアに出す際には名称は変更された模様です(公式のアナウンスがあったわけではなくしれっと変更されていた)。

現行でVisa Paywaveのロゴがあるカードも順に切り替わっています。以前から発行されているPayWave対応のカードはVisaのタッチ決済としても使えます(同じものなので)。

日本だと三井住友VISAカード(クラシックカードやゴールドカード、デビュープラスカードなどプロパーカードは2019年3月発行分から付帯)、イオンカード、住信SBIネット銀行デビットカード、SMBCデビットカード、りそなデビットカード、楽天銀行デビットカード、JACCSやオリコカードが発行している一部クレジットカードなどに付帯しています。

三井住友カード保有者などが追加で発行しておサイフケータイ対応のAndroidで利用できたモバイルVisa PayWaveのサービスは終了しています(代わりにカードに付帯されるようになった)。

Mastercard Contactless

Mastercard ContactlessはMastercardの非接触技術。

日本ではApple Payに登録したMastercardブランドの多くのクレジットカード、プリペイドカードで利用可能となっています。例えば、三井住友カード、三菱UFJニコス、トヨタファイナンス、ドコモなどが発行するクレジットカードのMasterCardブランドのカードをApple Payに登録すれば利用可能になっています。

その他、コストコが発行しているコストコグローバルカード、オリコカード、ジャックスが専用カードを発行している以外だと、Docomoが発行しているdカードをNFC対応のおサイフケータイに登録することで利用出来るようになります。

JCB Contactless

JCB ContactlessはJCBの非接触技術(旧J/Speedy)。技術はMastercardのものを採用しています。

JCB Contactlessは付帯しているカードは現状だと付帯しているカードはありません(実験されているカードはあり)。

Apple PayにJCBカードを登録して利用することで利用可能となっています。

American Express Contactless

American Express ContactlessはAMEXの非接触技術(元Express Pay)。

American Express Contactlessは日本で発行されいているAMEXプロパーカードに既に付帯されています。

AMEXゴールドカードに付帯しているAmerican Express Contactless

また、Apple PayにAMEXプロパーカードやセゾンAMEXなどの提携カードを登録することでも利用可能になっています。

Apple Payなら手持ちのクレジットカードを登録するだけで使える

NFC Payは2018年以前は付帯されているカードも少なかったですが、2018年以降はApple Payでも使えるようになりました。

例えば、American ExpressプロパーカードをApple Payに登録すれば、ポストペイ型のQUICPayとしても支払えますし、NFC PayのAmerican Express Contactlessとしても支払えます。

Apple PayでNFC PayであるAmerican Express Contactlessが使える

↑のようにデバイスアカウント番号に国際ブランドがあれば使えると思われがちですが、これはただの認識番号で、ここにJCBやAmerican Expressの記載があってもNFC Payが使えるとは限りません(VISAブランドを除くと、ほとんどのカードで使えますが)。

対応する店舗でQUICPay払いのときと同様に(対人レジの場合はNFC払いであることを伝えて)カードの画面を表示&認証してかざせばOKです。元々Apple Payは海外でNFC Pay(TypeA/B)のみに対応していて日本への導入は遅れたという経緯があり、本来持っている機能を日本でも開放した形です。

ただし、日本ではVISAブランドのクレジットカードだけはApple Payに登録してもVISAのタッチ決済(Visa payWave)は使えないのでご注意ください(MasterCard、American Express、JCBブランドはカードによりますが多くのカードで各種NFC Payに対応)。

日本でNFC Payが利用できる場所

日本ではNFC Payはまだ一般的ではありません。そのため使えるところは限られています。このページの一番上のマークが貼ってあるところなら使えます。

チェーン店だとIKEA、TSUTAYAが最初に導入していて、2018年からマクドナルド、ローソンでも導入が開始されました。

マクドナルドやローソンでNFC Payを行う際には「クレジットカード払いで」と伝えて、端末が光ったらカードやiPhone(Apple Payで対応カードを表示)をかざせばOKです。慣れていない店員さんだと、なんでカード払いなのにカードを挿し込まないんだろう?と思われるかもしれませんが、ポーっと音がなって決済が完了します。

IKEAなどだとNFC Payと伝えて(セルフレジだとNFC Payのメニューがあります)支払います。

大きな動きとしてはイオングループは2020年までにまいばすけっとなどを含めたグループ全店でVisaのタッチ決済を導入することを発表しています。

これから訪日外国人のためにますます使えるところは増えていくでしょう。三菱地所グループは丸の内エリアでNFC Payに対応した端末をビルのテナントにもどんどん導入しています。

NFC Pay(EMV Contactless)を使うメリットは?

正直な話、日本ではFelicaが主流で、生活のインフラになっているので、日本在住の方がわざわざ決済にNFC Payを使うメリットは現状あまりないと言えます。ポイントの貯まり方もQUICPayやiDなどと同じですし、Apple PayもFelicaに対応しているのでNFC Payに対応しているとはいえ、選択をする意味は少ないです。

欧米圏を中心とした海外では多くの場所で使えるのは大きなメリットなので、手持ちのクレジットカードやApple Payで使えるかどうかのチェックだけはしておきましょう。海外でカードを渡すのも怖い人でも手軽に使えます。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.