初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

電子マネーについて

今更だけど、電子マネーって何?

電子マネーって何?と思う人はもう少なくなってきたと思います。ですが、このページではそんな電子マネーの基礎から解説してみたいと思います。

電子マネーとは、具体的にはSuicaやPASMO、ICOCAなどがその代表なので、電車に乗る方ならわかりやすいでしょう。電車だけではなくて、コンビニなどでも、ピッ、とか、ワオーン!とか、シャリーン!という音をさせて支払いをしている人を見たことがない人のほうが少ないと思います。入金(チャージ)して、タッチして、支払いをする・・・それこそが電子マネーです。

でも、どうして電子マネーで支払いをする必要があるのでしょうか?電車に乗る時だって、切符を買えばそれで済む話ですよね?「いちいち切符を買うのが面倒だから」「小銭が出るのがイヤだから」という理由が最初に挙げられるとして、それ以外に、現金を電子マネーにして、電子マネーで支払いをするメリットを答えることが出来ますか?もしも答えることが出来ないのであれば、あなたは電子マネーを理解しきれておらず、日常生活で相当な損をしています!

 

現金での支払いなんてバカらしくなる!?

電子マネーは現金を電子化するだけじゃなくて、「得する」ことが出来ます。このことを知っているか、知らないかで、得する金額が全く変わってきます。

でも、どうやって得するんでしょう?SuicaやPASMOだったら、駅にある券売機にカードを入れて、1000円や2000円などチャージする金額を選んで、お札を入れて、お金を電子化する・・・そして「ピッ」と使った分だけ自動的に引き落とされていく・・・この電子マネーを活用する一連の過程の中で、私たちが得をすることが出来るポイントは「チャージ(現金をカードに入れて電子化)をするところ」です。

電子マネーはEdy、nanaco、waon、Suicaなどがそれぞれシェアを争っているため、より自分たちのブランドの電子マネーに変えてもらうために、「ポイント制度」を取り入れました。現金を自分たちの電子マネーに変えてくれたら(チャージしてくれたら)、そのお金の○○%を還元しますよーと言ってくれているのです。だから、電子マネーに変えたら、得をするんです。

チャージのシステムはEdy、nanaco、waon、suicaなどのいわゆるプリペイドタイプのもの、iDやQUICPayなどのポストペイタイプなど電子マネーの種類によってそれぞれ異なりますが、共通して言えるのは、電子マネーはクレジットカードと結びついたときに大きな力を発揮する、ということです。

クレジットカードの多くは、特定の電子マネーと紐付けられていて(クレジットカード毎に相性が良い電子マネーがあり)、そのクレジットカードで電子マネーをチャージしたときにもポイントが付与されます。上記の○○%還元に加えて、ここでも還元してもらえるので、2重にお得です。そもそも、ただお得というだけではなくて手間の問題から言っても、カードを機械に入れて、お札を入れて、っていちいちやっているのは面倒なので、クレジットカード払いで、電子マネーにお金をチャージをしてしまいましょう。

消費税が増税されているこの時代に、電子マネーは強い味方になってくれます!(上手く使えば増税分は帳消しに出来ます!)

 

どの電子マネーを使ったらいいの?

電子マネーはその種類も多岐に渡ります。例えば、コンビニで使うnanacoとJR東日本で使うSUICAでは大分用途が違ってきます。なので、多くの人が自分のライフスタイルに合った形で選ぶことになります(おそらく多くの人がコンビニ系と交通系の2種類の電子マネーを貯めるようになります)。

コンビニ系の電子マネーにしても、家の近くにセブンイレブンがある人はnanacoを、ミニストップがある人はwaonを優先的に貯めたほうがボーナスポイントを享受することが出来ますし、Edy、Suicaはどのコンビニでも対応しているので便利

さらに、iDやQUICPayといった後払い式の電子マネーならチャージする必要もなく使えるという利便性があります!

あなたにあった電子マネーを選んでください。

 

電子マネーにチャージするときに使えるクレカ一覧

・楽天Edyにチャージしたいならこれ

楽天カード・・・・楽天カードは楽天Edyも一体化しているのでカードを出すだけではなく、タッチをして楽天Edyで支払うことも可能。チャージをした際には通常の半分200円で1ポイントが貯まる。この際の還元率は0.5%。

リクルートカード(国際ブランドはVISAのもののみ)・・・・Edyチャージでポイントが付与される。現在ではほとんどのクレジットカードが電子マネーチャージ時にはポイントを付与しない中でとても貴重なカード。さらに楽天Edyは使い道も広いので便利。年会費無料なのにチャージをするときにも還元率が1.2%と高いカードなので嬉しい。

・nanacoにチャージしたいならこれ

リクルートカード(国際ブランドはJCBのもののみ)・・・年会費完全無料のリクルートカードはJCBブランドだとnanacoへのチャージでポイントが満額付きます。リクルートカードのポイント還元率は1.2%なのでお得です。

・WAONにチャージしたいならこれ

イオンカードセレクト・・・WAONチャージでポイントが付くイオンカードはこれだけ。決済時にもポイントが付くので、WAONポイント2重取りが可能!

少し前は、クレジットカードで電子マネーにチャージをする際に、クレジットカードのポイントは付かなくなっていたのですが(自分の財布から財布にお金を移動しているだけでポイントが貰えるようなものなので)、現在では、多くのカードが電子マネーチャージ時にもクレカポイントを付けるようになってきたので、どんどんお得になってきています!

 

後払い式の電子マネーが付帯したクレカ一覧

後払い式の電子マネーであるiDとQUICPayはチャージでポイントは付きませんが、チャージをすることなく、ちょっとした買い物のときにカードを差し出すことなく買い物が完了するなど、付いているだけで利便性がぐっと増します。

・iDが付帯したクレジットカード

三井住友VISAカード・・・スタンダードな三井住友VISAカードの魅力を押し上げているのがiDが標準搭載されているという点。クレジットカードを提示するのが嫌なときでもiD払いならカードを渡さずに済んですぐに支払いが完了します。

・QUICPayが付帯したクレジットカード

オリコカード・ザ・ポイント・・・オリコカード・ザ・ポイントはiDとQUICPayが2つとも搭載されているクレジットカード。ポイント還元率がどこで使っても1%の高還元率カードですが、それはQUICPay払いのときでも(iD払いのときでも)同様です。

 

便利で、旨味がある電子マネーを、クレジットカードと結びつけて、お得に使いこなしましょう!使いこなせば増税だって怖く、ない!

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB一般カード

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.