初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

セブンカードプラス(セブンとヨーカドーで便利&お得なカード)

セブンカードとの違いでメリット・デメリットを解説

セブンカード・プラスはセブンイレブン傘下のセブンカードが発行しているクレジットカード。以前はセブンカードとセブンカードプラスという2種類のクレジットカードに分かれていましたが、両者の良いとこ取りをしてセブンカードプラスに統合されました。

以前はセブンカードプラスではnanacoポイントは貯まらず、nanacoにチャージをしてもポイントが付かない仕様だったのですが現在はnanacoチャージでポイントが付くため、かなり利便性が高いカードになっています。

セブンカードプラスの主な特徴

セブンカード・プラスの主な特徴は以下の通り。

  1. 年会費:年会費は初年度無料で次年度からは年間使用額が5万円以下だった場合は500円。年間使用額が5万円以上だった場合には次年度からの年会費も無料です。
  2. 家族カードの有無:家族カードは発行可能です。家族カードの年会費は初年度無料で次年度からは年間使用額が5万円以下だった場合は200円。年間使用額が2万円以上だったら次年度からの年会費も無料です。
  3. 貯まるポイント:nanacoポイントが貯まります。
  4. ボーナスポイント:通常時には200円につき1ポイント(還元率0.5%)と一般的だが、セブン-イレブンやイトーヨーカドーで利用すれば通常の3倍のnanacoポイント(還元率1.5%)が貯まる。

上記の情報を統合すると、自宅近くにイトーヨーカドーやセブンイレブンがあって月額4,000円分以上は買い物をするという方なら、年会費が完全無料で還元率が1.5%と高還元率を享受できるので作って良いカードだと言えます。

その他、ヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズなどのセブングループのお店で毎月開催されている8の付く日キャンペーンも見逃せません。

8の付く日キャンペーンとは?:イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズで8のつく日には5%割引が適応される。

8の付く日キャンペーンの日にもポイントは変わらず3倍です。

近くに上記の店があったら誰でも作ることをオススメ出来るのですが、特にオススメできるのは家庭の台所を握っている主婦の方、一人暮らしで毎日ヨーカドーやセブンイレブンに寄ってから帰るという方です。

nanacoポイントの使い道

セブンカードプラスで貯まるnanacoポイントは電子マネーのnanacoを使っても貯まる(近くにセブンイレブンがある方には特に)凡庸性が高いメジャーなポイントです。

貯まったnanacoポイントは1ポイント1円で電子マネーのnanacoに交換することが出来、交換した電子マネーのnanacoはヨーカドーやセブンイレブンなどのセブングループのお店はもちろんミスドなどでも使うことが出来ます。

セブンカード・プラスで、電子マネーのnanacoと一体化しているタイプを選べば、これ一枚でセブンカードプラスを使って貯まったポイントを電子マネーのnanacoに移行→電子マネーのnanacoで支払い、などとポイント使用も全て完結出来ます。

nanacoチャージでポイントが貯まるセブンカードプラス

今までセブンカードプラスからnanacoにチャージをしてポイントが付かないのが欠点で、nanacoポイントを貯めたいのであれば、他にチャージポイントがつくカード(ex:楽天カード(JCBのみ)や、漢方スタイルクラブカードなど)などを使ったほうが良かったのですが、2015年の3月からその欠点も解消されました。

セブンカードプラスから電子マネーのnanacoにチャージをしたときにもポイントが付きます。

セブンカードプラスでnanacoチャージをしたらポイントが付く

チャージで貯まるのは200円チャージ毎に1nanacoポイントです。

ちなみに、チャージポイントは付きますが、イトーヨーカドーやセブンイレブンで支払う場合には、セブンカードプラスで支払っても、電子マネーのnanacoで支払っても基本的に貯まるポイントは同じです。

  • イトーヨーカドーでセブンカードプラスで支払った場合・・・200円の支払いで3nanacoポイント
  • イトーヨーカドーでnanacoで支払った場合・・・nanacoにセブンカードプラスから200円をチャージして1nanacoポイントゲット→チャージしたnanacoで支払ったら2ポイントゲット(nanaco支払いはイトーヨーカドーだと100円で1ポイント)→200円の支払いで3nanacoポイント

対象商品のnanaco払いでポイントアップキャンペーンなどが行われていたりするので普段はセブンカードプラスのクレジットカード払いでも、キャンペーン時にはnanaco払い、といった具合に切り替えればポイントの取りこぼしがありません。

また、そのようなポイントアップキャンペーンで取りこぼしをしないようにするためにも、利便性の面からも、「nanaco一体型」のほうが断然おすすめです。

発行年会費年会費無料条件国際ブランド海外旅行保険国内旅行保険
セブンカードサービス初年度無料(次年度から1000円)前年度の利用額が5万円を超えれば無料VISA/JCBなしなし
還元率(%)ポイントの種類ポイント交換可能値電子マネー電子マネーの還元率(%)
0.5nanaco1P対象外0

セブンカードプラスの作り方・申し込みフロー

セブンカードプラスの種類を選ぶ
nanaco一体型か紐付け型か×国際ブランド(JCBかVISA)で選択。
JCBのHPから各種情報入力
本人情報・勤め先情報など
オンラインで支払い口座設定、もしくは郵送で支払口座設定
郵送の場合は別途カード入会申込書が送付されてきます。
上記、入力情報を確認・送信
入会審査
カード発送
支払口座の設定がオンラインの場合は申し込みから1週間程度で発送

 

koushiki

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.