初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

信販系クレジットカード

信販系クレジットカードとは?

信販系とは、その文字の通り、信用を販売する信販会社が発行するクレジットカード。信用販売とキャッシングを混同されている方も多いようですが、信販系は金利などをつけるのではなく、立替える形のもので、大手の信販系が日本でクレジットカードの業態を切り開いてきたといっても良いと思います。

しかしながら現在では銀行系との統合など業界内が盛んに行われ、その定義は曖昧です。曖昧さを示す代表的な事例がNICOS(元・日本信販のクレジットカード・信販部門)が三菱UFJフィナンシャル・グループに吸収され、三菱UFJニコスとなったことでしょう。銀行系と信販系は共にクレジットカードを発行する代表的なものでしたが、たとえば三菱UFJニコスが発行するVIASOカードに関しては、銀行系ともいえるし、信販系とも言えてしまうのです。

なので、あえて信販系クレジットカードという分類に定義を付けるならば、昔から信販を行ってきた会社の名残を今も残すクレジットカード、といえるくらいで、名称が残っているだけになりつつあります。

 

信販系クレジットカードといえるものって何があるの?

上記の理由で信販系とだけ言い切れるカードはほとんどありませんので、以下「信販系とも言える」クレジットカードをご紹介します。最後にも書きますがあくまでも参考程度に。

【ニコス系】ニコスVIASOカード

nicos-viaso-cardニコスVIASOカードは銀行系と信販系が結びついた代表的なカードといえるでしょう。といっても主に銀行系に分類されることが多いカードでしょう。

一時期カードの発行を停止していて再度復活したのですが、以前と違ってUFJのカードブランドとニコスカードの2つから出ているわけではなく、ニコスカードのブランドのみで出したカードです(とはいってもグループ全体でみれば同じなのですが)。

 

 

【ジャックス系】ジャックスゴールドカード

ジャックスカードゴールドジャックスといえば、始まりは北海道で生まれた信販系の会社です。薬日本堂と組んで作った漢方スタイルクラブカードや価格コムと組んで作ったREXカードなど、還元率が高いカードを生み出した会社。ただしこれらは信販系というよりも流通系という分類したほうがしっくりきます。

このジャックスが独自のブランドで生み出しているカードにはジャックスカードがあるのですが、ここでご紹介したいのは、そのジャックスカードの上位版、ジャックスゴールドカードです。特徴はゴールドにしては安い年会費なのにそのサービスは充実していること。生き残っている信販系クレカの維持のようなものを感じるのは私だけでしょうか?

 

 

【オリエントコーポレーション系】オリコカードiB

オリコカードiB最後にご紹介するこのオリコは個人的なイメージとしては「信販系」という言葉を聞くとこのオリコカードを連想します。事実、現在日本に残っているThe信販系としては一番大きいと思います(信販系と呼べる会社がどれだけ残っているのかという議論はともかくとして)。

残念なことにオリコカードは一時期他のカードに押されてしまっていたのですが、満を持して出してきたのがオリコカードiBです。年会費無料ながら海外旅行保険がとにかく充実しているのと、電子マネーが2つも使えることが魅力。非常に人気のあるカードで当サイトに寄せられる声を聞いていても信販系のクレジットカードで一番人気と言えるかもしれません。

 

この「信販系クレジットカード」という分類が一番難しく、括ることが困難でした。特に近年ではニコスの例で書いた通り、銀行系との線引が曖昧です。

信販系の代表格のように書いたオリコカードも、実際はみずほ銀行と手を組んでいるので(筆頭株主がみずほ銀行なので)銀行系と言えなくもないのが現状。なので、これらはあくまで参考程度にして、カード自体の実力で選ぶようにしてください。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.