初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

交通系クレジットカード

交通クレジットカードとは?

交通系クレジットカードとは、鉄道会社や高速道路を運営している会社が発行しているクレジットカード(※)です。具体的にはJRの子会社が発行しているVIEWカード、東急が発行しているTOP&カードなどが挙げられます。

※航空系クレジットカードも大きな括りで見れば交通系クレジットカードの一種ですが、このページでは交通系クレカの中でもいわゆる鉄道系クレカを中心に取り上げます(航空系カードに関してはマイルについてのページをご覧ください)。

 

交通系クレジットカードの特徴と利便性

交通系クレジットカードの特徴を説明する上で欠かせないのが「交通系電子マネーとの相互作用」です。

交通系クレジットカードではクレジットカード機能と交通系電子マネー(交通系ICカード)や定期券の機能が1枚に集約されているタイプのものが存在します。そのクレカを作って、財布の中に1枚を入れておけばそれ改札も通れるし、バスにも乗れるし、お店での支払いも可能となります。

SuicaやPASMOなどのいわゆる交通系電子マネーは各地域で相互利用が可能になので、東急沿線にお住まいの方はPASMO付きのクレジットカードを持っていれば、出張先の関西地方のICOCAの代わりにも使えます(その逆も可)から利便性は抜群です。

さらに、交通系クレジットカードなら、電子マネーと合わさって1枚になることで、残高が減った時にクレジットカードから自動的に入金をしてくれるオートチャージ機能も利用出来ます。改札でストップして大きな音と共に赤いランプが点滅することはありません。

 

JR東日本の系列会社が発行するVIEW Suicaカードから特徴を見る

ビュー・スイカカードJR東日本の子会社、VIEWカードが発行しているVIEW Suicaカードは、Suicaの機能とクレジットカードが一枚になったカード。定期券と1枚にすることも可能。

なんといってもSuicaに残高が足りなくなったら自動的にチャージをする設定、Suicaへのオートチャージが利用できるのは「VIEWカードを持っている人だけ」なんです。VIEWカード以外のクレジットカードではSuicaへのオートチャージは設定できません。

さらにモバイルSuicaとの結びつき。モバイルSuicaに加入するためには通常年会費がかかりますが、VIEWカードなら年会費は無料。

交通系電子マネーのSuicaと結びついたときの利便性は抜群です。

 

東急電鉄の系列会社が発行するTOP&ClubQカードから特徴を見る

TOP&ClubQカード東急電鉄の子会社である東急カード株式会社が発行するTOP&カードの代表格、TOP&ClubQカードはクレジットカードにPASMO機能が付いているカードです。こちらもVIEWカード同様、定期券と一体化することも可能。

PASMOへのオートチャージが設定出来るのはTOP&カードだけです。クレジットカードを使って貯めたTOKYUポイントは電子マネーのPASMOへと1ポイント1円相当でチャージすることも出来ます。

電車に乗って貯めたポイントをJALマイルに交換することも出来るのもTOP&ClubQカードの特徴。陸の交通を使って、空の交通を利用する、いわゆる陸マイラー御用達の交通系クレカです。

 

交通インフラを有しているがゆえに、サービスが限定的でもある交通系クレジットカード

交通系クレジットカードはインフラを担っている鉄道会社やバス会社が発行していることもあり、言い方は悪いかもしれませんが、すごく独占的、です。

例えばSuicaへのオートチャージ機能を使えるようにするためにはVIEWカードをわざわざ作らなければならず、財布の中身が増えてしまいます。おそらくVIEWカード以外にSuicaへのオートチャージ機能が使えるクレジットカードはしばらく現れないでしょう。

関連して、発行までの日数が長いのも交通系クレジットカードの特徴の1つです。他の流通系クレジットカードは加入者数を増やすために発行日数を出来る限り短く出来るように務めるなどしているのですが、交通系クレジットカードではその兆しがほとんど見えません。ドンと構えている感じがします。

交通系クレジットカードを作るつもりの方は出来る限り早い申し込みをオススメします。

 

今後ますます便利になっていく交通系クレジットカード

交通系クレジットカードの何よりの強みは交通系電子マネーとの相互作用。

近年の電子マネーの導入店舗の拡大に伴って、交通系「電子マネー」で支払いまで出来てしまうお店が、今までは駅ナカや駅チカのお店が中心でしたが、駅ナカ以外の場所(コンビニや飲食店など)でも使えるようになってきました。そうなってくると、そんな交通系電子マネーの勢いに呼応して、ますます交通系クレジットカードの利便性が増し、手放せない存在になってくるでしょう。

全体的な傾向としてポイントがそこまで貯まりやすいわけではないので、メインカードには向かないかもしれませんが、利便性目当てのサブカードとしてあなたの財布に1枚は欲しい存在、それが交通系クレジットカードです。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.