初めてクレジットカードを作ろうと思った方でもおすすめのカードが賢く作れる、クレジットカードの作り方講座。

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードとは?

銀行系クレジットカードというのは、例えば三井住友カードやMUFJカードといった銀行の名前を冠した金融業者が発行しているクレジットカードの総称です。

りそなカード《セゾン》一体型ICキャッシュカードやSMBCカードのクレジット一体型カードなど、キャッシュカードとしての機能もクレジットカードとしての機能も同時に備えているものがあるのも特徴です(これらは銀行の窓口で異常なほど勧められることが多いです・・・)

様々な定義があるとは思いますが、ここでは三井住友カードのような銀行の子会社が発行しているクレジットカードも、銀行が他のカード会社と共同で発行しているクレジットカードも、キャッシュカード機能が付いたクレジットカードも全て銀行系クレジットカードとして解説していきます。

 

銀行系クレジットカードの特徴

正直いって、銀行系クレジットカードの特徴は、流通系や交通系のクレジットカードなどと比べてポイントの付与率が低く、「お得感」や「還元率」という観点”では”見劣りしてしまうことが多いということです。

ですが、銀行ならではのメリットもたくさんあります。セキュリティの機能が優れていたり、ATM手数料が優遇されたり、旅行保険が優れていたり。それと、全体としていえるのは海外旅行保険などの面ではしっかりとした補償が付いているものが多いのが特徴といえます。

クレジットカードの◯◯系という分類が意味をなくしかけている中で、「銀行系クレジットカード」だけはまだブランドとして残っています。何故かというと、セキュリティや信頼感が他の信販系クレジットカードなどとは桁違いだからです。

カード初心者の方だとお得感にばかり目がいって銀行系カードは作らない傾向にあるのですが、メインカードとして保有するなら銀行系カードは流行り廃りがないので一番オススメできます。

 

キャッシュカード機能付き銀行系クレジットカードのメリットとデメリット

銀行系クレジットカードでキャッシュカード機能が付いているものは、それ一枚で支払いもできるし、お金を卸すことも出来ます。これは大きなメリットと言えるでしょう。

財布が薄くなりますし、オールインワンで最高!と思われるかもしれませんが、デメリットもあります。それはセキュリティ面です。

まだ非接触技術が広まっていない日本ではお店で出すときはクレジットカードを人に渡しますから、このキャッシュカード機能付きのものだと<キャッシュカードを人に渡す>という行為を日常的に行うことになります。それに抵抗がある方は、クレジットカード機能がない普通のキャッシュカードのみを持って、銀行系クレジットカードとしては三井住友VISAカードのようなクレジットカード機能のみのものを発行したほうが良いでしょう。

 

銀行系クレジットカードの例

実際に銀行系カードの例を見ていきましょう。

三井住友VISAカード

三井住友グループの三井住友VISAカードの特徴の1つとしてカードの種類(ラインナップ)の多さが挙げられます。

三井住友VISAクラシックカード

見て頂けるとわかると思いますが、学生カードからプラチナカードまでラインナップがとても幅広いです。このラインナップの広さも銀行系カードの特徴の1つ。

三井住友VISAカードのラインナップ

これだけ多彩なカードを発行出来るのは資金力があるから、というのが一番の理由だと思います。そのおかげで学生カードのうちからサービスが充実しているものが多いですし、享受することが出来るメリットが高いのは長く付き合っていくことを前提としている銀行系カードだからこそ出来るサービスです。

三井住友カードは、他にもSMBC CARDという三井住友銀行のキャッシュカード機能付きのクレジットカードも発行しています。三井住友銀行のATMが時間外手数料なしで利用できるカードです。

 

MUFGカード

MUFGカード ゴールド

三菱UFJ銀行の名を関するMUFGカードも当然銀行系クレジットカードの代表格です。グループ会社の三菱UFJニコスが発行しています。

MUFGカードのラインナップ

  • MUFGイニシャルカード(年齢制限カード)
  • MUFG一般カード
  • MUFGカード スマート(三菱UFJ銀行の手数料優遇など)
  • MUFGカード ゴールド
  • MUFGカード ゴールドプレステージ
  • MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

こちらも銀行系クレジットカードの代表的な存在ですから、三井住友カード同様にラインナップが多いです。

中でも特に有名なのが年会費2,000円以下のゴールドカードであるMUFGカード ゴールドです。銀行系でありながら格安で持つことが出来るゴールドカードなので人気があります。

 

みずほマイレージクラブカード

みずほマイレージクラブカード

みずほ銀行はマイレージクラブという取引状況によってATM手数料が無料になる会員サービスがありますが、そのキャッシュカード付き会員カードにクレジットカード機能を付けたものが発行されています。みずほ銀行の場合は各カード会社と手を組んで発行しています。

みずほマイレージクラブカードのラインナップ

  • オリコカードと組んで発行しているみずほマイレージクラブカード/THE POINT
  • ANAカードと組んで発行しているみずほマイレージクラブカード/ANA
  • JR東日本と組んで発行しているみずほマイレージクラブカード/Suica
  • UCカード/セゾンカードと組んで発行しているみずほマイレージクラブカード一般カード
  • UCカード/セゾンカードと組んで発行しているみずほマイレージクラブカードゴールドカード

例えばオリコカードと組んで発行しているみずほマイレージクラブカード/THE POINTはオリコカード・ザ・ポイントの機能を持っており、通常還元率が低い銀行系カードでありながらどこで使っても還元率1%を超えます。自分の好きなカードの機能を持ったキャッシュカード付きクレジットカードを持てるというわけです。

これもメガバンクだから出来るやり方でしょう。

これらのカードのキャッシュカード機能でおろした場合、みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの時間外手数料は無料になります。

 

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード機能付きのクレジットカードです。イオンの商業系クレジットカードでもありますが、当然イオン銀行も銀行なので銀行系クレジットカードの一例として挙げておきます。

イオン銀行に口座開設をしている人しか作れませんが、その分メリットも大きく、WAONにチャージをした際にポイントが貯まるイオンカードはこのイオンカードセレクトのみです。イオン銀行ATMは手数料無料で使えます。

>>イオンカードセレクトの詳細はこちら

 

ミライノカード

ミライノカード

ミライノカードはネット銀行の住信SBIネット銀行が発行しているクレジットカード。

住信SBIネット銀行はスマートプログラムというランク性を取り入れていて、そのランクによって他行への振込手数料が無料になるという優待があります。ランクを上げるためには様々な条件をクリアしなければいけないのですが、このミライノカードで月に5万円以上の決済をクリアすれば、ランクをクリアするための条件を比較的簡単にクリアできます。元々はSBIカードでした(現在は発行中止)。

>>ミライノカードの詳細はこちら

 

定番としての銀行系カード

まず一枚は持っておきたい銀行系カード。銀行の窓口などで勧められることも多いでしょうが、カード毎に特徴が異なってきますので、まずはしっかりとその特徴を知り、セキュリティや安心感を元に作るかどうかを決めましょう。

口コミでも「結局ココに落ち着いた」といった感想が最も多いのが銀行系カードです(中でも三井住友VISAカードが評価が最終的に辿り着いている(カードの荒波の中漂流してきた?笑)人が多いです)。

おすすめクレカベスト3

  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

クレカの比較&詳細検索

PAGETOP
Copyright © クレカのレシピ All Rights Reserved.